FC2ブログ
SKIらぼ
スキーの滑走日記や道具に関する色々な情報を、大小様々?に取り扱う。。。予定(^_^;)
150314 15-16New modelスキー試乗会@黒姫高原
15-16 NEW MODELスキー試乗会も第3弾!
黒姫高原スノーパークで開催された、スーパースポーツゼビオ主催の試乗会に参加してきました。
150314_1

先月、bc map主催バックカントリーでのリフトアクセスだけお世話になった黒姫高原ですが、今回はガッツリ滑走(^O^)
前日までの降雪のおかげで、ゲレンデもこの時期にしては大分良い状態まで回復していました。
朝のうちはピーカン快晴!しかし、11時ごろからガスが下りてきてしまい、かなりの視界不良となりました。。。(-_-;)
150314_2
以下試乗レポです。
試乗は第一クワッドと第二ペアを1本づつ、ガスが酷くなってからは第一クワッド2本で評価しました。
今回の基準My板はSALOMON EQ 2V Powerlineです。

<評価者SPEC>
身長:176cm 、体重:65kg
普段使ってる板
STOCKLI LASER SL (基礎オールラウンド用)、SALOMON EQ 2V Powerline(かっ飛びロングターン用)、ROSSIGNOL FIS WC SLスラントノーズ(かっ飛びショートターン用)、SALOMON ROCKER2 108(パウダー用)、VECTORGLIDE CORDVA S-FLEX(新雪オールラウンド)、SALOMON Q105(バックカントリー用)、 SALOMON Q-LAB(深雪-圧雪オールマウンテン用)、SALOMON Q-BC LAB(バックカントリーかっ飛び用)、Wailer 112RPC Pure SE(ディープパウダー用)

SALOMON X-MAX
試乗サイズ:170cm(120-73-101 R15.0)
150314_3
履く前に持った時からとても軽い!履いてもやっぱり軽い!滑っても物凄く軽い!っと、板自体の軽さが非常に特徴的。
軽い板は荒れた雪面やスピードに弱そうですが、結構カービングもこなしてくれるし、スキッド操作は特にお手の物で楽々振り回せます。
雪面への絶対的なエッジグリップや高速での安定感は、通常の競技・基礎上級モデルにはかないませんが、軽量級にしては今までにない強さを持ってるかと。
ただ、カラーリングが。。。黄色無い方が良いんじゃない?(^_^;)

FISCHER PROGRESSOR F17
試乗サイズ:167cm(120-73-103 R14-17)
150314_4
サイドウォールがラウンドして台形に近いフォルムを持ち、軽量化とパワー伝達の両立を図ったモデルとのこと。
軽さ自体はSALOMON X-MAX並みとはいきませんが、確かにそこそこの軽さ。
滑りは軽快感があり、ショートターンを基本に回頭性はとても良いですが、フロント側は接地感がちょっと希薄な感じでサクッと回って、テールが最後に結構ガッツリグリップ。そのターンの中でのグリップ感の変化がちょっと唐突に感じました。
スピードを出した際の安定感も、自分のフィーリングと好みではX-MAXの方があるように思いました。

ARMADA JJ 2.0
試乗サイズ:175cm(13--137-116-133-126 R16.0)
150314_5
コスメが渋い戦艦からサイバー狐?狼?のキャラクターに変わりました(^_^;)
昨シーズンの試乗会は深雪が無かったので本領は判りませんでしたが、今回は湿雪ですがありましたので突っ込んで来ました。ライン入りまくりの重雪でしたが浮力があり、その中でノーズを軽快に回してターンする事ができ、本チャンパウダーならもっと楽しいかと。
圧雪ではロングターンはできますが楽しくないです。それよりも、自然とクルクルと回って遊びたくなります。それがこの板の正しい使い方?

HEAD WORLDCUP REBELS i RACE
試乗サイズ:165cm(116-68-100 R13.5)
150314_6
HEADレース板の系統ですが、純競技というよりはその特性を色濃く残したゲレンデ一般向けという印象。
雪面にしっとりと貼りつき、速度を高めても安定感はありますが、同じHEADのSPEEDやSLほどのグリップ感や反応の速さは無く、本当に足して2で割った感じ。
今回の試乗サイズではちょっと中途半端な感じで、ここが良い!という個性は感じられませんでしたが、もう少し長い170cmを乗って小回りとのバランスを見てみたいですね。

HEAD RAW INSTINCT Ti PRO
試乗サイズ:163cm(123-77-109 R13.4)
150314_7
HEADラインナップの新シリーズ、"INSTINCT"。
グラフィンという素材を内部コアの補強材にする事で、板自体を薄くし軽量化を果たしているとのこと。
来シーズンは各社からこぞって軽量化をうたったモデルが出ますね(^_^;)
これは今回乗ったINSTINCTシリーズの中で、中間の幅のモデル。
滑り出すと軽さを感じますが、エッジグリップがとてもコントローラブルで、カービングからスキッドまで自由自在でした。
振り幅をとった小回りも落差を稼がずともやり易く、低中速においてはとても楽に、かつ思い通りに滑れます。
荒れた雪面にスピードを出して突っ込むと、やはり弾かれやすい感じはありますが、一般レジャーで使う分にはこの操作性の良さは重宝されると思います。

HEAD SUPREME INSTINCT Ti
試乗サイズ:163cm(126-73-109 R11.9)
150314_8
同じくINSTINCTでも"PRO"が外れて、より易しい操作性を持ったモデル。
構造を比較すると、外観上はPROがサイドウォールが前後端までちゃんと伸びているのに対し、こちらは接雪点辺りでとトップシートからのキャップに切り替わってます。
滑走してみると、小回りでの軽快感が高まって操作がとても楽。
柔らかい雪質の所ではカービングからスキッドまでコントローラブルですが、グリップの絶対値は弱く、特に硬めのバーンではちょっと速度が速いとトップがバタつき気味になることもあり、どうしてもスキッド主体での滑りになります。

HEAD POWER INSTINCT Ti PRO
試乗サイズ:170cm(124-82-109 R16.5)
150314_9
同じくINSTINCTシリーズの"PRO"の太い方。
滑走感は本日乗った3本の中で一番好みでした。
ロングターンにて板全長に渡るグリップの強さがあり、安定感が抜群なので安心して踏み込んでいけます。
カービングからスキッドへの移行も容易に行え、センター幅82ですが、小回りもそんなにダルではありません。
高速域での雪面凹凸に対しては軽量スキーの宿命で飛ばされ感があり、注意して圧をかけ続ける必要がありますが、レジャー向けには本当に良い板。

NORDICA DOBERMANN GSR EVO EDT
試乗サイズ:182cm(115-71-100 R19.5)
150314_10
スペックからして大回り専用の雰囲気がムンムン。
そして滑ってみたら、やはり本日の大回り気持ち良さNo.1(゚∀゚)
エッジグリップが非常に高く、どんなにスピードを出しても安定感抜群でかっ飛べました。
その代りエッジが容易に外せません。なので小回りはあきらめました(笑)

NORDICA DOBERMANN SLR EVO
試乗サイズ:165cm(121-70-106 R12.5)
150314_11
返りの速さと強さ、ともに競技系に近いフィーリングを持った小回り向けモデル。
良い位置に乗り続ける限りは小回りマシンらしいキレが楽しめるのですが、自分の技術レベルでは荷重位置がシビアに感じ、少しでもテール側に乗ると途端にコントロールが難しくなります。


ATOMIC BLUESTER DOUBLEDECK3.0 SX
試乗サイズ:165cm(125.5-69-111 R11)
150314_12
14-15モデルからは若干の細部変更を実施。
その中でトゥプレートを3㎜上げて前後の高低差を少なくしたことで、より踵荷重を引き出しやすいポジションに変更した模様。
滑ってみると、ハイスピードでの安定感と小回りでの操作性を高い次元で両立させている点は相変わらずでお見事。
ただ、フロントの入りは非常にいいのですが接地感が14-15より希薄に感じて、フロントへの雪面抵抗をあまり伴わずにスーッと回ってしまう感じが、あまり自分の好みでは無いです。
それ以上にカラーリングが残念過ぎ。。。。(-_-;)

ATOMIC BLUESTER DOUBLEDECK3.0 LX
試乗サイズ:166cm(113.5-71-99 R15.9)
150314_13
ロングターン主体のモデルですが、試乗サイズは166cmと短いモノしか無かったので小回りまで違和感なくこなせました。
このサイズでも高速ロングの安定感はバッチリあり、さすがのD2構造。
自分の体格的にはもうワンサイズ長い方がこの板本来の性能を味わえると思うので、別の機会で是非試したい。14-15モデルで感じた、何処踏んでも反応が一定な感じ、というのも変わっているのかな?
カラーリングはSXより全然良いです(笑)

ATOMIC BLUESTER DOUBLEDECK3.0 LC
試乗サイズ:166cm(113.5-71-99 R15.9)
150314_14
LXと同じロング主体で、さらに操作性に振ったモデル。
ハイスピードでの安定感はLXより1ランク劣りますが、その代りターンの操作性は確実に楽になっています。
本日の雪面コンディション、露出した固いバーンの上に削られた新雪塊がゴロゴロしている中でも、とても落ち着いた挙動で安心してターン操作ができました。


雑誌でも大々的に15-16モデルが特集されて、各社からどんな板が出てくるか全貌が見えてきました。
試乗会はもう1、2回予定しているので、あらかじめ乗りたい板をリストアップして備えておこうと思います。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック