FC2ブログ
SKIらぼ
スキーの滑走日記や道具に関する色々な情報を、大小様々?に取り扱う。。。予定(^_^;)
SCHI HEIL(プロトタイプ)ってどーよ?
スキージャーナル創刊50周年記念としてプロデュースされた、オリジナルスキー"SCHI HEIL"が、期間限定で販売開始されています。
SCHI HEIL

これまで雑誌の中で企画・開発の過程が連載され、あまりお目にかかれないスキー板の製造工程が見れたりしたので、道具マニアにとってはなかなか面白い企画だったと思います(*´Д`)

さて、このスキーですが誌面上や販売HPで関係者のインプレが掲載されているのみで、一般ユーザー向けの試乗会に貸し出されたりという話も聞いていませんし、自分もICIの試乗会辺りでしれっと出てくるかな~と思ったら、全然お目にかかりませんでした。

ところが実は自分、試乗していたりします。
プロトタイプですけど(^_^;)

昨年実施されたイッキ乗り試乗会の一般参加企画@富良野スキー場で、SCHI HEILのプロトタイプが3仕様持ち込まれており、試乗させてもらいました。

このスキーに興味を持たれている方の参考になるか判りませんですが、共通していたフィーリングを掲載してみます。
ただ、さすがに一年前なので、3仕様の乗り味の差はド忘れしました(笑)

SCHI HEILプロトタイプ
試乗サイズ:175cm(113-75-97 R21.2)

スキージャーナルが謳ているコンセプト、「ハイスピードクルージング」、「マニュアルな操作感」、「軽さ」が、自分には次のように感じました。

まず「軽さ」、これは今現在流行している軽量モデルの流れの中にある中でも、結構な軽さに感じられました。
カーボン素材モデルのような飛びぬけた軽さではありませんが、筋力の弱い方にも取り回しはしやすいと思いますし、凹凸の中でも板を簡単に狙ったラインに持っていける、操作性の良さに繋がっていました。

続いて「マニュアルな操作感」、これは正にこの通りで、決して傾けただけでオートマチックにターンが始まる板ではありません。
カービングスキーの特性に慣れ切った状態で一発目を滑ると、板がまっすぐ、実際には曲がってますが想像しているラインよりはるかに大きいターン弧になってしまいます。
板をちゃんと踏み込んで荷重を掛けていく必要があり、角付けだけでクイクイ曲がるショートターン系の板とは全く異なります。
フレックスは適度にあり、弱くもなく強すぎることもの無いので、撓みを引き出すのにそれほど筋力は要りませんが、スキー滑走技術の基本動作を求められる感じ。
既存の板で近しいフィーリングの板は。。。Vector glideの"CORDOVA Soft FLEX"ですかね。これを細くして切り替えしのレスポンスを向上させた感じに近いと思いました。
個人的にはもう少しトップを幅広にしてくれたほうが好きかも。

最後に「ハイスピードクルージング」、これは正直よく判ってません(^_^;)
試乗した際にはハイスピードでは滑りましたが、クルージングするほどロングで試してないのと小回り中心で滑っちゃったので。。。
決してヤワヤワな板では無いので、適正はあるとは思います。メタル入りの板が得意とする荒れたバーンを切り裂くほどの強さでは無いので、朝一の綺麗な圧雪斜面をかっ飛ばす分には良いのかな?

お値段は税込み108,000円ですが、MARKER GRIFFON13 IDが付いてこの値段なら、そんなに数が出ないであろう板としては意外とと抑えてきた感じ。
カラーリングは今までのスキーには無い新鮮なものですが、ここは嗜好が個人によってバラバラですからね。
個人的にはプロトタイプと同じ様に、真っ白のまま出してくれても良かった(´Д`)

総括すると、スキーを自分の技術で操作している感を味わいたい、という人向け。決してスキー任せで超楽に曲がれる板ではないが、難しくはないです。

さて来シーズン、ゲレンデでお目にかかれるチャンスはあるでしょうか?('◇')ゞ
スポンサーサイト



170401 石井スポーツグループ試乗会 @ 菅平高原スキー場
ブランシュでパウダー三昧を楽しんだ後、向かった先は自宅ではなくまたもスキー場。。。
そう、ICIの試乗会が開催されている菅平高原に参上!まさかのダブルヘッダー二戦目突入です!!(゚∀゚)
170401S_1
なぜわざわざブランシュから1.5時間かけて菅平に?
それはここに、丸沼試乗会に参加していなかった、「STOCKLI」が来ていたからです(ΦωΦ)

そしたら見覚えのある方が。。。そう、先シーズンにSKI Journalイッキ乗り試乗会@富良野で偶然にもご一緒頂いた「skibum」さんが居られました(^^)/
久々にお会いできて嬉しかったですが、試乗されていたモデルの選択内容が、流石のマニアック度合でした(^_^;)

さて、意中のSTOCKLI試乗をメインに、本当の今シーズンファイナル滑走です。
昼前到着にてゲレンデコンディションは既に新雪が削られて、柔らかい所と硬いところがミックスされた、ちょっと難しい状況でした。

当日のMy基準板は無し!
ブランシュで既に疲れてかったるくって、ブーツとストックのみで会場に向かいました(笑)

<評価者SPEC>
身長:176cm 、体重:67kg
普段の板:SL/セミファット/ファット/BC用まで様々

STOCKLI LASER SC
試乗サイズ:170cm(123-72-104 R14.9)
170401S_2
確かなエッジグリップとしなやかな撓みで気持ちの良いターンができ、ショートからロングターンまで、もはや何でもできると勘違いさせてくれる(笑)オールラウンドモデル。
しっかりとした乗り心地と優しい操作性、低速から高速まで非常に扱いやすく、自分のコントロールを正確に板に反映できる(気がする。。。)、超優等生。
但しお値段が。。。(^_^;)

STOCKLI LASER SL
試乗サイズ:165cm(120-66-97 R13.6)
170401S_3
今シーズン試乗会で、一番乗りたかった板。
SCに比べてエッジがだれていた様で、100%の状態ではありませんでしたが、スラロームモデルらしいレスポンスの速さでメリハリのあるターンがやり易いです。
来季SL系お気に入りのATOMIC REDSTER S9i Proと比較して、瞬間移動的な反力の速さ/強さは劣りますが、滑らかに回る感じを伴ってコントロール性に優れます。
ターンにおけるしっとり滑らかな滑走感はSTOCKLIの共通項。
カラーリングも思っていたよりブルーが綺麗に雪面に映え、ハイシーズンのゲレンデをかっ飛ばしてみたい衝動に駆られます。
但しこれもお値段が。。。( ;∀;)

STOCKLI LASER GS
試乗サイズ:175cm(118-68-97 R17.1)
170401S_4
GSモデルにも試乗。当然ながら、ロングターンが最高に気持ち良いです。何度も言いますが(笑)、しっかしりしたエッジグリップとしなやかな撓みで、滑らかに気持ちの良いターンを描けるこの感覚は素晴らしい(*´Д`)
このモデルだけエッジが吊るしでは無く、チューンナップが施されてましたが、そのセッティングも当日のコンディションにはバッチリ合って、容易な方向付けとアングルを付けた後のエッジの掛りが抜群でした。
そしてやっぱりお値段が。。。|д゚)

VOLKL PLATINUM SD
試乗サイズ:170cm(123-68-104 R13.6)
170401S_6
これは170cmのショートターンモデルの汎用性を確認するために乗りました。長くすることでロングターン適正が得られるかな?ということを期待していましたが、結論から言うとちょっと中途半端な感じに思えました。
ロングターンでは落ち着きがあまりなく敏感なところは思った以上に消えていませんし、その上で元々のショートターンの機敏さがスポイルされる感じ。
何をどこまで求めるかによりますが、やっぱり乗るなら165cmが適正ですね。

Vector glide maxi S13
試乗サイズ:165cm(-- R13)
170401S_7
メーカーテントをうろついていたら、Vector glideの「maxi」の中に見慣れないサイズの仕様が。来シーズンからなんとSL用も出すとのことで、早速試しに乗ってみました。
トップは比較的柔らかく、スイングウエイトもかなり軽い。でもセンターがガッチリ硬くて足元グリップが超強い。エイ!って踏むとガッチリ噛んで、くるっと回りながら強烈に弾かれる(笑)。だからすんごい疲れます(^_^;)
もっとマイルドなプレートの仕様があると、カラーリング的にも好みになりそう。


以上で今シーズンの滑走および試乗も終了です。

今シーズンは出だしが危ぶまれ、ニセコ遠征も積雪が十分とは言えませんでした。
その代わりに湯沢エリアが大豊作。結果的にはパウダーも結構滑れて、バックカントリーも全てGoodコンディションに恵まれました。

物欲は今シーズンも結構な散財でしたが、それなりに楽しめたので良し?かな(^_^;)
来シーズンは謎?の別件で散財せねばならぬので、程々になると思います(悲)

来シーズンも、良い雪に恵まれますように。


170401 ブランシュたかやまでファイナル?
4月1日エイプリルフール、でもこの深雪はウソではありません( *´艸`)
季節外れのパウダーを頂きに、まさかのファットスキーでブランシュたかやまへ出撃してきました。
170401B_1

木曜日くらいの天気予報から「もしかして。。。」と半分くらいの期待値でワクテカしていたら、やっぱり金曜夕方から土曜朝にかけての降雪予報!南岸低気圧万歳!!(゚∀゚)
周辺道路のライブカメラでもバッチリ降雪、途中の高速道路もハイシーズンですか?と言わんばかりのチェーン規制でワクテカが止まりませんでした。
170401B_2

リフト営業開始前に、積もっているところを歩いてみるとこんな感じ。
柔らかい新雪が脛くらいの量はありました。15~20cmくらい?
170401B_3

オープン前、フロントロー4枠のひとつをゲットして宴の開始を待ちました(ΦωΦ)
170401B_4

リフト乗車中の景色は正にハイシーズン♪
とても4月のブランシュとは思えません。
残念なことにスラロームコースは丁寧に圧雪が入ってました。。。
170401B_5
だけどジャイアントは非圧雪状態でパウダー三昧( *´艸`)
ここだけでも季節外れのパウダーをお腹いっぱい頂きました。
余りにも美味し過ぎて、写真は撮り忘れ~。

ファンタジーの脇パウも滑りましたが、これくらいの斜度だと深雪はちょっと面白くないですね。
170401B_6

最後はスラロームコースで〆。
圧雪作業後に積もった雪が滑走ラインで固められてちょっとボコボコでしたが、メタル入りファットスキーのQ-LABだと結構滑りやすく感じました。
170401B_7

宴は1.5時間ほどで終了~。休みなしで全開で回していたので、大分体力削りました。
実は前日夜まで風邪気味で微熱状態。エ〇タックファインEX剤投入による強制解熱結熱でそのままブランシュ入りしてました(^_^;)

まさかのファイナルパウダー三昧が、しかもブランシュで出来て、かなり満足なシーズンの〆になりました?

。。。そしてこの後、ウエアのまま車に乗り込んで、北上を開始したのでありました。。。|д゚)