FC2ブログ
SKIらぼ
スキーの滑走日記や道具に関する色々な情報を、大小様々?に取り扱う。。。予定(^_^;)
170128 石打丸山
本日はまたもやホームゲレンデ、石打丸山スキー場に行ってきました(^^♪
170128_1
前日の金曜が大荒れの気象で、雨やら気温上昇やらでスキー場には痛い条件でした。
天気予報とにらめっこした結果、夜中に雪雲がうまい具合に湯沢エリアを通過してくれるようで、出発前の道路カメラ情報でも降雪が確認でき、前売りチケットの消化もあるので湯沢方面にGO!
さかえ倶楽部とどっちに行こうか悩みましたが、降雪予報では塩沢・石打方面に雪雲がかかっていたので、結局先週末からの連荘で石打です。

降雪はありましたが気温がそんなに低くないので、雪質はとても水分豊富(^_^;)
とはいえ降りたて新鮮なうちは楽しめるだろうと、朝一でリフトを待ちます。
170128_2


今回のお供はBlackcrows CorvusとID-ONE FR-XP。
朝からずっと曇りだったので、ゴーグルレンズはOAKLEY Prizm Roseを使いました。
170128_3
本日のコンディション、重めの新雪10~15cmではCourvsがバッチリハマりました。
余り期待していなかったのですが、結構浮遊感のある深雪祭りを楽しめました(∩´∀`)∩

中央第一高速沿いのデビルダウンを4本ほど楽しんで、観光第3沿いの大丸山ゲレンデにスイッチ。
それにしても深雪競争がほとんど無い世界、素晴らしい( *´艸`)
170128_4

山頂駅の雪像がドナルドダックに代わっていました。
相変わらずの高いクオリティです。
170128_5

中央第3高速が動き出したのを見て、ジャイアント方面に移動。
既に結構食われてるかな~?と思っていたらタイミングがバッチリだったようで、ここもファーストトラック頂いちゃいました
170128_6
ここは10時くらいになると気温の上昇とともに急激に重く締まってくるので、朝一の鮮度が命です。
それと下のコース合流地点の所が要注意。チロル方面からの合流者はもちろんのこと、コース造成の段差があるのでうっかりするとヒヤッとします(*_*)

流石に山頂ゲレンデはギタギタでしたが、やっぱり雪質はここが良いですね。
170128_7
170128_8

深雪祭りを味わった後はFR-XPにチェンジしてまったり滑走。
午前だけでおなか一杯になり、サクッと帰宅しました~('◇')ゞ
170128_9
実は今回、基本を見直そうと石打プロスキースクールの一般レッスンを受けようとしたのですが、たまたま特別クラス開講中ということもあり、先生不足でお流れ~。

受付可能なクラスは"パラレルでどこでも滑れる"という条件だったので、「大丈夫ですよ~」と言ったら、受付してくれたおそらく副校長が「見た感じ上手そうなので、きっと物足りないですよ」と (゚Д゚;)
本当に上手いかどうかは別として(笑)、そう言って頂けるなら助言通りに今回は見送りました。

一般的には折角の商売チャンスなのですが、こうした対応を頂けたので何となく信頼が持てそうなスクールだな~と思いました。
別途、機会を見て受講してみようと思います('◇')ゞ
スポンサーサイト



170118 ニセコ花園&アンヌプリ
本日はとうとう最終日~(´Д`)
降雪はミジンコぐらいしかなかったので、extrem PT84にてマッタリ?かっ飛びスキーで楽しみました。
170118_1

天候は曇りでしたが、朝の内はアンヌプリピークまでスッキリ見渡せました。
170118_2

羊蹄山も完全ではないですが、今までよりはよりらしい雄大な姿を見せてくれました。
170118_3

本日もピークへの長~い大名行列。
昨日よりは視界も良く、コンディションは良さそう。
170118_4

自分はそのまま花園に下って。早速HANA1 CAFEで休憩。
本日は女性の方がコーヒーを淹れてくれました。
170118_5

そのまま昨日のランで気に入った花園で滑走を楽しみました。
170118_6

ツリーランでの景色が綺麗です。
170118_7

小動物の足跡も発見。
こういうのを探索しながらマッタリと自然の中で過ごします。
170118_8

ここからの羊蹄山もまた良い感じ。
170118_9

お昼前にはアンヌプリにリターン。
もう体力を使い果たしました。
170118_10

今回の北海道遠征は降雪にはあまり恵まれませんでしたが、それでもいろいろなシチュエーションを楽しめました。
個人的諸事情により、今度スキーで北海道にいつ来れるか判りませんが、、、また必ず再来したいと思います(^^♪
170117 ニセコユナイテッド
昨日は吹き荒れた風も今日は収まり、リフト&ゴンドラもほぼフル稼働(∩´∀`)∩
"NISEKO UNITED"全山イッキ滑りに行ってきました。
170117_1

昨夜は多少ですが降雪もあり、前日の上部閉鎖で雪も溜まっていることを期待してWailer112RPCで出撃!
ゴンドラ営業開始の30分前に到着して、見事?一番乗り~。
170117_2

流石にまだまだ来ないでしょう?と思っていたら、、、
170117_3

1分後には外人さんボーダーが2名到着。
170117_4

そのごも次々にほぼ外人さんが集合。
営業開始10分前には50人近く、最終的には60人以上の待機列が形成されました(^_^;)
170117_5

1番ゴンドラに載って降り場到着。
とりあえずジャンボ第4の運行開始を待とうと思ったら、係の人がバッテンサイン。
なんだ、今日もやんないのかな~と思って第3リフト沿いを1本滑ります。ここのファーストトラックは中々いい感じのモノを頂けましたが、、、
170117_6

滑り終えてそのまま第3リフトを上がると、途中で第4リフトにボーダーらしき人達が乗ってるのが見える?
そして間髪入れずに営業開始のアナウンス!?が流れました。。。
あのバッテンサインした係員は何だったんだ(@_@)
おいらのファーストトラック返せ~(泣)
170117_7
仕方なく30番手位で乗り込みました。
まあ分散するだろうし、ボーダーさんは準備中に何人か抜けるだろうし。。。

リフトに乗ってると、既に上から滑り始めた人たちが。
G1ゲート、まだ空いてないよ~っとパトロールから説明受ける人。
170117_8

ビレッジ側のリフトも順調に営業開始。
170117_9
結果的には第4リフト沿いは、昨日までの強風によるガリガリ君としっとりスノーがミックスされた、とても難しいコンディション。
第3リフト沿いの方が全然美味しかったので、結果オーライ?

ということで折角の全山共通リフト券、アンヌプリを離れていざ、行脚の旅に出かけます(^^♪
170117_10

続々とリフト最上部に到着する人々。
170117_11

ガスりまくりで視界は悪いです。
170117_12

そんな中、アンヌプリピークを目指す人たちの大名行列。
道中気を付けて~('ω')ノ
170117_13

自分はそのまま花園エリアへ移動。
G5からのツリーランを楽しみました。
170117_14

G5は初めて使いましたが、かなり楽しいし滑りやすい(゚∀゚)
リフト乗り場まであまり藪漕ぎせずにたどり着けるのもいい感じ。
170117_15

深雪は予想外に結構ありました。
深いところで脛くらいですが、ノートラックな所も多数。
パウダー&ツリーランを楽しみまくり( *´艸`)
170117_16

何本か滑って休憩タイム。
山麓まで降りて"HANA1 CAFE"で軽く小腹を満たします。
170117_17

外人さんが行列をなしてましたが、マスターもまた外人さん。
ノリのいい音楽に乗って、本格的なエスプレッソマシーンでコーヒーを淹れていました。
170117_18

頼んだのはFLAT WHITEとホットサンドイッチ。ニュージーランド旅行を思い出しました。
肉まんも売ってましたが、英語ではなんて言うんでしょう?
170117_19

滑走再開してG9側に突撃。
ここもまだまだいい感じに遊べました。
170117_20

ゲートエリアだけの印象だと、花園エリアはアンヌプリよりもコンディションが全然良かったです。
170117_21

またまたG5に戻って、ちょっと違うルートを遊びます。
花園のゲート、とても楽しかったです(^^♪
170117_22

花園に別れを告げて、ヒラフエリアに移動~。
まずはゴンドラ方面に向けて下ります。
170117_23

羊蹄山は今日も雲に隠れてます。
170117_24

キング第3クワッド、搬器が新しいのでフードの透明感が高く景色が良く見えるのと、シートにちゃんとクッションが入ってるので、座り心地がとても良い!
先日のJUNRINA BCで「ウィスラーに革張りのゴージャスなリフトがある!」という話題になり、かぐらにもできないかな~とか、搬器一つだけ限定導入してラッキーリフトで良いんでない?とかいう話をしてたのを思い出しました(´Д`)
170117_25

上に着くと、山頂駅の凍った壁がグローバルな落書きに埋め尽くされてました。
まあ、これは融ければ消えるので問題ないですね(´Д`)
170117_26

一旦上り切って、今度はセンター方面を下ります。
170117_27

気温はマイナス10℃以下の表示。
でも自分の時計は山頂でマイナス8℃くらいでしたよ?|д゚)
170117_28

センターフォーリフトから見えるスーパーコース沿いの壁、やっぱり昨シーズンよりも雪付きが悪そう。
滑ってる人は結構いましたが(;・∀・)
170117_29

スーパーコースもコブがあまり育ってませんでした。
170117_30

平日ですが結構な賑わい。
しつこいようですがやっぱり殆ど外人さん。英語と中国語が飛び交います。
170117_31

今度はビレッジエリアを目指して移動開始。
170117_32

ヒラフ⇔ビレッジの連絡路。
ビレッジは修学旅行?スキー教室?の生徒さんが沢山来てました。
170117_33

ビレッジは個人的にあまり面白いところが無いので、サクッと滑り切ります(^_^;)
170117_34

途中には良い斜度もありますが、ゴンドラ乗り場に至る最後の長いダラダラ緩斜面が苦痛。。。
クローチングで何とかたどり着きます。
170117_35

ということで、上から下まで1本だけ滑ってベースのアンヌプリエリアにまた戻ります。
170117_36

アンヌプリの下山はG1ゲートを通っていきました。
170117_37

既に2時過ぎなので食われまくってるのですが。。。
170117_38

結構遊べるところは残ってました。
中腹より上はやっぱりG7よりコンディションも良かったです。
170117_39

もう両足パンパンなので、ゆる~く降りていきます。
今回は今まで取付いたことのない方の斜面から攻めました。
170117_40

振り返ると皆さんのトレースがくっきり。
明日になったらリセットされないかな~(ΦωΦ)
170117_41

無事ベースに到着。
昨日までの悲壮感が一掃されて、かなりおなか一杯に楽しめました(^^♪
170117_42

明日は今回の遠征最終日。
天気も今は晴れ予報なのに外は降ってたりと、山の天気は読めなさすぎ。
これから作戦立てを楽しみます('◇')ゞ
170116 ニセコアンヌプリ
フル滑走初日、張り切って行きましょー!!っとなりたかったところですが、朝起きて外を見た瞬間にテンションダウン、、、(´・ω・`)
ぜんぜん積もってない&リフト動くの?っていうくらいの強風。
170116_1

一応朝ゴハンをちゃっちゃと済ませて準備は進めますが、サイト情報だとゴンドラ&ジャンボ第4は運休見通し。
運転するリフトも減速運転のようで、この時点で大分やる気も消滅。
9時過ぎにようやくのそのそと出かけました。
170116_2

ジャンボ第二からの羊蹄山。
ほぼ隠れてます(^_^;)
170116_3

ゲートエリアも滑ってる人はいますが深雪と言えるところはほぼ無し。
元の積雪自体が少な目で、藪も埋まり切ってないです。
170116_4

ジャンボ第3も何とか動いてましたが時折強風が吹く度に緊急停止。
それでも動いていたのでここを回していたのですが、そのうち営業中止になってしまいました。
170116_5

ジャンボ第3横の非圧雪エリア。
表面がウインドパックされた硬めの雪で、思いっきり踏んで⇔抜いてを繰り返さないといけないので、超疲れます。
メタル系ファットのQ-Labかopinion108 Chargerを持ってくればよかった。。。
170116_6

G7ゲートは空いてましたが、深雪なんてまったく期待できませんし、藪祭りなんだろうな~と乗り気にならず。
とはいえゲレンデより遊べるかと思い、1本だけ行ってきました。
170116_7

積もってたら楽しいんだろうな~、という斜面ばかり。
170116_8

湿っぽい雪質で、あまり楽しくありません。。。
170116_9

降りていった先の笹エリア。
まだかなりの長さで出まくってます(´Д`)
170116_10
天候は一瞬雪になりましたが、積もるほどの降り方ではありません。
昼過ぎにおなか一杯になって、シャトルバスで他のエリアに行こうかな~とも思いましたがテンション上がらず、本日はそのまま引き上げました。

今日以降の天気も曇り~晴れ予想。
今回の遠征は過去最高に残念なコンディションになりそう(ToT)/~~~
OAKLEY Prizm& Hi-Yelレンズ v.s. SMITH ChromaPopレンズ@ナイター
前回、検索キーワードリクエスト対応としてOAKLEYのPrizmレンズ(Jade iridiumとRose)それと、非PrizmのHi Yelでのナイター見え方実験を特集?しました。

今回、新たにPrizmで"Rose"よりも可視光線透過率の高い"Hi Pink iridium"が加わったのと、他メーカーの同系統レンズとしてSMITHの"ChromaPop Storm"も入手したので、前回同様にナイターでの見え方を試して見ました。

比較したのはOAKLEYの"Hi Yellow"、"Prizm Rose"、"Prizm Hi Pink iridium"とSMITH"ChromaPOP Strom"の計4種類。
場所はニセコアンヌプリスキー場で、天候は晴れのナイターです。

同じ場所でレンズ越しの見え方を比較するとこんな感じです。
OAKLEY "Hi Yellow"
HI-YEL

OAKLEY "Prizm Rose"
P-ROSE

OAKLEY "Prizm Hi Pink iridium"
P-HI-PINK

SMITH "ChromaPop Storm"
CP-STORM

レンズ1枚当たり、ナイター照明が比較的明るい所の滑走ラインとあえて遠めの暗い滑走ラインをそれぞれ1本づつ滑ってから交換。
順番はHi Yel ⇒ Prizm Hi Pink ⇒ Prizm Rose ⇒ Prizm Hi Pink ⇒ ChromaPop Storm ⇒ Hi Yel という感じで回しました。

さていきなり結果発表~(゚Д゚)ノ
ナイター滑走における個人的採点はこんな感じ。

Hi Yel > ChromaPop Storm ≒ Prizm Hi Pink >> Prizm Rose

ということでまたも非PrizmのHi Yellowが勝ってしまいました(^_^;)

コントラストを際立たせるPrizmやChromaPopですが、ナイターではどうしても雪面上の明暗の境目を通過する際に、目の焦点が若干付いていかない感じがします。明るいところは問題ないのですが、暗い所に入ると特にPrizm Roseは明るい所との落差を感じます。
なので自分としては、ナイターではHi Yellowが一番見やすいです。まあ、身体的個人差や好みもあるので、あくまで参考程度と思って下さい。

Prizm同士でいうと、"Hi Pink iridium"は"Rose"よりも圧倒的に明るいので、ナイターへの適正は全然上です。

そして禁断?の"Prizm Hi Pink iridium" v.s. "ChromaPop Strom"となると、、、ほぼ一緒。若干"ChromaPop Storm"の方が明るく感じ、色の付き方もよりナチュラルになります。

脱線しますが、日中のほぼ似たような吹雪状態でも両者を使用済み。
"Prizm Hi Pink iridium"はかぐらBC、"ChromaPop Strom"は奥志賀高原で使いましたが、吹雪の中での雪面凹凸の見やすさでいうと、"ChromaPop Strom"の方が凹凸の稜線がまさしく浮きでる様な感じで、良く見えました。

これだけ書くと、"ChromaPop"の方がよさげですが、ゴーグルのフィット感が自分の顔にはOAKLEYが合っていて、SMITHは隙間風がすごく入ってとても寒い&目が乾くんです(;´・ω・)

ゴーグルはなかなか奥が深い!
最高の相棒を目指して、散財は続く、、、のか?
170115 ニセコアンヌプリナイター
今シーズンもやってきました北海道遠征('◇')ゞ
本日よりニセコでスキー&食?三昧の生活を少々楽しみます♪
170115_1
大荒れの長野・新潟に少し後ろ髪をひかれつつ、ちょっと降雪少な目と噂の北海道。
予約の時はドカッと降ってくれ~っと祈りましたが、流石に3か月先の天気は読めません(^_^;)

とはいえ、金曜夜の退社時に発せられた上司の恨み節を聞き流しつつ(笑)待ちに待った有給休暇。
折角の年に一度?の私的大イベントなので、しっかり楽しみたいと思います。

本日は日中移動日なので、ナイターのみ。
移動中は結構降っていましたがスキー場は大した積もり様でもなく、いたって適度な圧雪バーン。
勘違いしそうなくらいのグリップ&コントロールが抜群にしやすい雪面で、カービングターンが楽しめました。
170115_2

今回のお供はextrem PT84。今日の様なコンディションにはうってつけの板です。
もちろん深雪用にdps Wailer112 RPCも持ち込んでますが、出番はあるのやら?
170115_3

アンヌプリのナイターは長いですがリフト1本のみ。
流石にすぐに飽きるので、ゴーグルレンズのテストを色々やってみました。
170115_4
現状は積雪不足で進入禁止のコースもあり。
藪も埋まり切ってなく、よっぽどドカッと降ってくれない限りはゲートは厳しそうですね。
冬将軍様、信越だけでなくニセコにもおすそ分けプリーズ(゚Д゚)ノ
170107 ブランシュたかやま
本日は久々にファット生活から離れ、整地で滑りを見直しましょう~っということで、スキーヤーオンリーのブランシュたかやまに行ってきました。
170107_1
直前まで石打とどっちに行くか悩みましたが、新投入となるextrem PT84のテストも兼ねていたので、硬めなバーンもあることとスキーヤー同士で他人の軌跡が読みやすいところから、八王子JCT直前で中央道方面に舵をきりました(^_^;)

朝はキンキンに冷え込みまくり。
三連休で混むかな~?と思っていましたが、駐車場はそれなりに埋まりましたがリフト待ちは殆ど無く、快適に本数を稼げました。
170107_2

朝一は遠方の山に薄く雲海がかかり、とても綺麗な景色(*^_^*)
170107_3

山頂からエコーバレー方面。
とても快晴で日中は結構暖かくなりました。
170107_4

スキー地蔵も風雨にさらされて味が出てきました。
ひび割れがちょっと痛々しい感じでかわいそう('Д')
170107_5

本日からジャイアントコースも滑走可能に。
ごく一部雪が薄いですが、あまり気にならずに安心して滑れます。
170107_6

2時間ほど滑ったところで休憩&板チェンジ。
Race Tigerで小回りを中心に滑りを見直しながら楽しみます。
170107_7

前回の12月中旬から比較して、滑走できるコースも多くなりました。
もう1発天然雪がドカッと来てくれると良いんですけど。。。
170107_8

ファンタジーも広がりましたが、リフトの近くは大きいうねりが残っており、小石も散らばっているのでちょっとリスキー(@_@)
170107_9

久々の晴天スキーは素晴らしい景色に恵まれて、目の保養になりました。
170107_10

そして来週末からはいよいよ恒例?の北海道遠征!!
ニセコに逃亡してきま~す('◇')ゞ

170105 かぐらBC
冬休み最終日、貴重な平日休暇と久々の寒波到来が組み合わされば、もうスキーに行くしかないでしょう(゚Д゚)ノ
新しく導入した道具も使ってみたかったので、今シーズン初のバックカントリーでかぐらへ行ってきました。
170105_1

夜から降り続いた雪で、ゲレンデ状態は深雪好きにはGoodなコンディション。
ただし風が強く、時折視界も極端に悪化。リフトも何とか運行している状態でした。
170105_2
5ロマも動いてましたが最悪ハイクアップは行わずに、ゲレンデ内だけで滑ることも想定していました。
それでも何とか行けそうだということで、ゲートからアクセスして登ってきました。

ゴンドラ降り場の付近でもこんな状態の深雪具合。
降りたてホヤホヤのおいしそうな新雪です(^^♪
170105_3

ガイドはおなじみ"JUNRINA"のRinaさん。いつも楽しく丁寧?なガイドで、今シーズンもお世話になります。
Junさんは風邪でダウン中とのこと。お大事に~(;・∀・)
170105_4

まだまだ少ないというものの、昨シーズンに比べれば全然いい感じで積もってます。
170105_5

シールオフのポイントではズッポリとひざ上まで潜ります。
そしていよいよBC投入のKINGPINビンディング、その使い勝手が色々わかったのと、TECの洗礼を受けてきました(@_@)
170105_6

今シーズン初ドロップイン!
誰も遊んでいないフィールドにはすんごい量の雪面が待っていました。
これぞBCの醍醐味!!っという感じで満足度100%(^^♪
170105_7

お代わりを求めて登り返しますが、ここでアクシデント発生。
半分くらい登ったところで自分のシールがくっつかなくなり、剥がれてしまって悪戦苦闘。
時間の関係もあってここでシールオフしましょうとなり、同行の皆さんには大変申し訳ないことを((+_+))
ちゃんとシール面を密着させるように、今後はもっと丁寧に作業しよう。。。
170105_8

KINGPINビンディングのテストが自分の中では主題でしたが、登りも含めてBCは楽しいですね。

ちなみに同行のお客さんに「SKIらぼの中のひとでしょ?」って言われたときはビックリしました(^_^;)
板の仕様で判ったようで。今後は買ってもしばらくブログアップしないでおこうかな(笑)
170103 石打丸山ナイター
新年一発目はこれまた帰省Uターンの道中、渋滞回避も兼ねて石打丸山ナイターに行ってきました(^^♪
170103_1
板はQ-LABしか持ってきておらず。
新雪は望めないコンディションでしたがそこはスーパーオールマイティーのQ-LAB、ファットのくせに圧雪硬めのバーンでもGS板のごとくかっ跳ぶことが可能です(゚∀゚)

積雪どころか低地は高温雨続きのコンディションで、第一高速乗り場は地のアスファルトや畑が見えてます。。。
なのでこの日の第一高速は移動オンリーのリフトです。
170103_2

1本上った先から滑走OK。
ですがやはり雪質の良い大丸山ゲレンデを中心に滑りました。
170103_3

ナイター裏コースのジャイアント手前ルート。
殆ど人が来ないので静かにゆっくり滑りたいときはここ。
景色もGOODです。
170103_4

三日のナイターということもあり、お客さんは殆どいませんでした。
コンディションが良ければもう少し入ったんでしょうけど。。。適度ににぎわってほしいです。
170103_5

帰りは貴重?な第一高速下り線。
ちょっとしたアトラクション体験ができます( *´艸`)
170103_6

高速リフトなので、乗車時の低速状態から一気に加速して発射!!
登りと違い、結構な高低差を眼前にするので慣れていない人にはちょっと怖いみたい。
初めてのお客さんはこの飛び出し時に悲鳴を上げる人もいます。
170103_7

第一高速下はボロボロ、大根の葉っぱらしきモノも見えます、、、
今後の降雪に期待!そうしないと早売りチケットが捌けない。。。(;・∀・)
170103_8
161230 石打丸山
年末年始の帰省ついで?(ついでが帰省?)に、ホームゲレンデの石打丸山スキー場に行ってきました。
通り道にあるので、寄らずには帰れません(*^_^*)
161230_1

中々降雪が無かったところ、帰省に合わせてタイミング良くドカッと降ってくれました。
おかげでこの日は「一応」第一高速まで降りてこられる状態に。
朝一は白く覆われていましたが、昼前にはなかなか厳しい状況でした(*_*)
161230_2

この日の中央第一高速のポールポジションをゲット♪
深雪は激重の魚沼産モッチリ仕様と読んでいたので、別に競争しなくてよかったのですが(^_^;)
161230_3

滑れればラッキーと思っていたデビルダウンは案の定閉鎖。
もう一振り欲しかったですね。
161230_4

チロル&銀座ゲレンデは問題無し。
ホピヒラー横の一人乗りリフトが廃線になったようで、お気に入りの深雪エリアの回しが面倒になりました(@_@)
161230_5

チロル&銀座を滑り込んで、そろそろ良いかなと思って中央第3高速に滑り降りて来てみたのですが、まだバリバリ準備中~。
中央&観光エリア限定のチケットで滑っていたので、林間コース経由でハツカ石側に滑り込むこともできず。
毎回思いますが、営業開始時間の情報発信をもう少しうまくやってほしいですね。
161230_6

多少待ってようやく営業開始。
既にジャイアントは観光第3側から登ってきたお客さんに滑り込まれてます~(;・∀・)
161230_7

リフトから中央斜滑降コースを見下ろします。
非圧雪に突っ込みたくなりますが、ここのエリアの深雪は大抵罠です(笑)
迷い込んだらあっという間に止まって、ラッセル地獄が待っています。。。
161230_8

リフト同士の空中交差ポイント。
パラダイスコースもバッチリオープンしています。
161230_9

タイミングよく中央山頂リフトがオープン。
何故か知らないですがそんなにリフト待ちも無く、サクッと乗れたので遊びに行きました。
161230_10

ここら辺の深雪エリアも、勢いをつけてチョッカリなら何とか滑り切れます。
止まったらアウト。ラッセル地獄でもう二度と入らないと心に思うでしょう|д゚)
161230_11

しばらくすると日が差して景色が拝めるように。
161230_12

大丸山ゲレンデにも遊びに行きましたが、既にギタギタ。
161230_13

グリーンリフトにも乗ってみたり。
161230_14

湯沢~塩沢の低地エリアにはまだまだ厳しい降雪状況が続いていますが、早くドカドカっと安心できるまで積もって欲しいです。
そうしてくれないと、折角用意した早売りチケットがまだ4枚も残ってるので。。。(^_^;)
161230_15