FC2ブログ
SKIらぼ
スキーの滑走日記や道具に関する色々な情報を、大小様々?に取り扱う。。。予定(^_^;)
今年も塩湖市からようこそ( *´艸`)
Dream Time初日に発注したら、3日後には「発送したぞ~!着くのは1週間後くらい。」と、Fedexの管理番号とともに連絡が。

番号追跡を見ていても、途中でスタックすることもなく順調に入国完了。

呆気ないくらいにサクッと今年もやってまいりました( *´艸`)
160726_1

dps "Wailer106 Pure3"
本国では昨シーズン終盤から発売されていたせいか、もう今シーズン分は製作完了したのか?秋を待たずに納品。
しばらくは部屋のインテリアです(^^♪
160726_2

先日来たDream Timeの途中経過を知らせるメールでは、Wailer112RPC 2.0 186cmとWailer112RP2 SEカラー184cmがすでに売り切れ。
他のサイズも残り少なくなっているなど、この二機種に人気が集中しているようです。

自分のWailer106はスタンダードカラー。
Dream Time限定色というわけではないですが、気に入ってる色で更に特別値引きも適用されるので、この機会にとポチッてしまいました。
160726_3
ちなみにこの色、発注時にWeb上と確認メールでの色表記は"Aqua Blue"だったのに、納品書の記載は"Dark Blue"。。。
一瞬違うのが来た?と、ちょっと焦りました(^_^;)

そして今年も入っていました。何が入っているかお楽しみ?のオマケグッズ。
16-17カタログ、ステッカー×3枚、アイロンワッペン、それと"Holden Bandito"というフェイスカバーでした。
160726_4

今年のカタログ、1ページ目はどこかで見たことあるな~と思ったら、なんと北海道の羊蹄山でした(゜o゜)
これ以外にも北海道・ニセコエリアの写真が所々に載っています。
160726_5

さて、あとは金具(KINGPIN)&ブーツ(PINNACLE Pro)の到着を待つのみ。
フロント&バックサイド、これ一本で文句無しに遊べる!をコンセプトにした自己満足組み合わせ♪
来るシーズンが楽しみです(゚∀゚)
160726_6
スポンサーサイト



サイン会ファイナル(笑) そしてトレード交渉?
ここはベルサール汐留。
そう、サイン会場。。。もとい、今年のカスタムフェア ファイナル会場です。
160716_1
なぜここに来たかというと、大切な用事があったからです('◇')ゞ

今週でとうとうフィニッシュを迎える2016カスタムフェア。
週末土曜日の日中ですが有明のような混雑は既に無く、会場内もスカスカではないですが、ぎゅうぎゅうっというほどでもなく、どこかまったりムードです。
とはいえ、「ゲストパス」を身に着けていると、店員さん&メーカーヘルプさんが最後の追い込みとばかりに、猛チャージを仕掛けてきます(^_^;)
160716_2

展示してあった"Cordova super light"のプロトタイプ。
175cm 1/2ペアで1380gとのこと。軽!(;・∀・)
160716_3

さて、大切な用事の件。
MARKERの"GRIFON 13 ID WHT"を発注~♪
160716_4

。。。金具だけ買ってどうする?

単にお部屋のインテリアに。。。なワケ無い。

今年も始まりました"夢の時間"。そう、これは夢なんです?

160716_5
いえいえ、夢じゃないんです。会場入りの4時間前にポチッたブツ。。。

dps "Wailer106 Pure3"
160716_6

Dream Timeで発表のSEカラーは期待外れだったのですが、あの試乗会で感じた新しいWailerの滑走感覚、これをもっとちゃんと味わいたいな~っと思ってました。
爽やかなブルーのシンプルなカラーリングもGood。

そしてDream Timeでのディスカウント価格と昨今の円高傾向の合わせ技で、メーカー直売が日本正規ルートよりちょっとお得( *´艸`)
でも本当にちょっとだけなので、保障とかトラブルの対応を考えると、正規ルートと大して変わらないような。。。

そんなこんなで禁断?の3年連続メーカー直売をやらかしました(笑)
そろそろdps本社に「この毎年のように個人購入する日本人は何者だ?」と思われてる?

ところで今年のWebサイト、バグが大分あるようで注文確定させるまで大変でした。
・Webサイトの言語をEnglishにすると、送り先がUS国内以外は送付できない、と表示される。。。
・カラー、仕様(Foundation、Pure3、Tour1)、長さ、金具取り付け要否のセレクトで、どれかを変更すると前に選択した項目が勝手に変わる。。。
・送り先住所を記入する際に、枠が無いのに「州を入れないとダメ~」っと出る。。。
などなど。
隠しコマンドや正しい?選択順番を探すような感じで色々やって、何とか発注できました(^_^;)

さて、ここで思わぬ悩みが発生中。
その理由はこれ、有明で予約済みの"KINGPIN"ビンディング。
160716_7
extremのOpinion108 chargerに付ける予定でした。

でも折角のTECタイプビンディングなので、軽さを重視した組み合わせにしたほうが、当然ながらハイクアップでの恩恵が明確に現れるだろうと。

そうするとOpinion108 chargerはちょっと重い。
そのモノの重量は公開されてませんが、ベースのOpinion108が2100g(1/2ペア 186cm)で、メタル2枚追加のChargerはこれからさらに重くなる。
それに対してWailer106 Pure3は1819g(1/2ペア 185cm)で、ノーマルOpinion108に対して片足で約300gも軽い。対Chargerなら約500gくらいになる?

なのでKINGPINをWailer106 Pure3に、GRIFONをOpinion108 chargerにトレードしようかな~と思っています。

こうなると、Wailer106 Pure3 + KINGPIN(+Pinnacle Pro)が、手持ちの中でゲレンデからBCまで満遍なくこなせる、最良の組み合わせになるかも?(゚∀゚)
New Zealandスキーでの便利なアプリ
7月になっていよいよ暑さも本格化。
冬とは真逆の時期になりましたが、南半球エリアはいよいよ本格的な冬。
残念ながら今シーズンは夏休みのNew Zealandスキーはあきらめましたが、昨年までの2シーズンはこれ以上にないオフトレができました。

そんなNZスキーで、大変重宝したアプリがあります。
それがこれ、"Snow Weather"という無料アプリ。
NZアプリ_1
NZのスキー場情報がほぼ網羅されていて、以下の情報が各スキー場ごとに入手できます。
・現在の積雪量、最後に降雪した日にちと量
・天気予報
・Webカメラ(当日朝からの定点録画情報)
・ゲレンデと連絡道路のオープン/クローズ情報
・リフトの運行情報
・NZ全体の降雪予測

これがメイン画面。各スキー場が縦に並んでおり、スキー場名をタップすれば、詳細情報の画面が出てきます。
ホームかお気に入りに指定しておけば、画面横方向にスクロールさせるだけで情報にアクセスできる様になります。
NZアプリ_2

参考でMt.Huttの情報画面。
画面上部の左から、最後に降雪した日にちと量、スキー場下部の積雪量、上部の積雪量が表示されています。
画面下部は左から、天気予報、Webカメラ、スキー場と連絡道路の状況、となっています。
NZアプリ_3

画面下部を横スクロールさせると、さらにリフト運行状況と、NZ全体の降雪予測が出てきます。
NZアプリ_4

画面下部のそれぞれをタップすると、詳細情報画面が出てきます。
これは天気予報。降雪・降雨量をメインに気温と風速の予報がみれます。時間軸がないので、どこがいつの予報か判りにくい(;・∀・)
下の方は5日間分の天気予報。注目したいのは風速で、"Gale"という単語が出てくると強風で要注意。場所によってはクローズのリスクが出てきます。。。が、過去二年間、NZの天気予報に接した経験からすると、日本に比べて大雑把&予測精度はちょっと低いです(;´∀`)
NZアプリ_5

Webカメラでは、スキー場に設置されている定点観測画像を見ることができます。
1つのスキー場に多くても3ヶ所程度ですが、その日の朝からの状況を刻々とみることができるので、スキー場のコンディションや込み具合がよくわかります。
今時期の日本で見ると、非常に羨ましくてよだれが出そうな光景です。。。(*´ω`*)
NZアプリ_6

ゲレンデと連絡道路のオープン/クローズ情報の詳細画面。
スキー場の状態とそこまでの道路状況が細かく説明されています。
当日にこんなイベントあるよーとか、超寒いから着込んできてね、などなど、結構かゆいところに手が届く情報が満載です。
道路情報ではチェーンの要否や装着エリアの指示があるので、レンタカー等で自分で運転して向かう方は、チェックしておきたいですね。
NZアプリ_7

リフト運行状況の詳細画面では、ほかにもパーク設備の状況も見ることができます。
NZアプリ_8

最後はNZエリア全体の降雪予測。
島のどこに降雪がありそうか?の予報が見れますが、先ほども書いたように精度が。。。
それと例えば自分がMt Huttエリアにいる場合、そこには降りそうにないんだけどちょっと離れたSouthern Lakesエリアに思いっきり降る予報になっていると、とても悲しくなります( ;∀;)
NZアプリ_9

と、こんな内容になっており、NZスキーに行く方にはかなり役に立つと思います。

今シーズンもちょくちょく立ち上げて、遠いNZの雪景色を見てモヤモヤしています。
今年は降り始めは早かったんですが、なかなか積雪量が十分とまで増えないようですね。
夏休み、日本からたくさんのスキーヤーが行かれると思うので、そこまでにはGoodなコンディションになるといいな~

、、、本当に今シーズンは行きませんよ('◇')ゞ