FC2ブログ
SKIらぼ
スキーの滑走日記や道具に関する色々な情報を、大小様々?に取り扱う。。。予定(^_^;)
160415-17 富良野スキー場(SJ イッキ乗り乗りツアー)
今シーズンの締めくくりとしてスキージャーナル誌の試乗会付きツアー企画、「イッキ乗り乗りツアー」で富良野スキー場に行ってきました。
ホスピタリティ抜群の至れり尽くせり環境の中、僭越ながら一般代表の一人としてレポートさせていただきました(^_^;)
160415-17_1

移動は15日金曜の朝便@羽田空港。
出発は晴天で暖かい位でしたが、到着地の新千歳空港は中々の荒れ模様天気!着陸時に今までの飛行機経験上、最大級に揺れてビビりました((+_+))
160415-17_2

バスで約2時間ほど移動し、新富良野プリンスホテルに到着して早速SJ誌スタッフと顔合わせ。
スケジュールの説明を受けたのち、足慣らしにとゲレンデへ繰り出しましたが強風でロープウェーはストップ。
最下部のプリンスロマンスのみの運行しており、6本ほど軽く滑って終了~。
160415-17_3
夕食はSJ誌スタッフと他の一般参加の皆さんと同席。明日以降の試乗会や普段は聞けない苦労?話、そしてもちろん各々のスキー談義で、初日から大盛り上がり。
その後は偶然?同席したスキーブロガー、skibumさんの部屋で第二ラウンド。各々の試乗記やスキー関連情報について、色々と濃い話をさせていただきました(^O^)

そして試乗会初日は快晴ピーカンで絶好のコンディション!
翌日から天候が崩れることが分かっていたので、気合入れて臨みました。
160415-17_4

ロープウェーを登ったところに用意されていた今回の試乗スキーたち。
乗ったことの無い機種が多く、約40種類のラインナップから1日半で計17台ほど試乗できました。
160415-17_5

ゲレンデは前日の吹雪でちょっとだけ積雪。ふんわりパウダーでは無く片栗粉の様な感じでしたが新雪斜面があったので、試乗割り当ての中からファット系を選んで、まずは試乗そっちのけで楽しんでしまいました(゚∀゚)
160415-17_6

この時期にして雪化粧した木々。とても綺麗でした。
160415-17_7

まずは試乗ノルマをこなして、その後は自由に板をチョイスして試乗を継続。
気温が高くてシャバシャバで荒れた雪面コンディションになりましたが、途中、柏木デモや元スキークロス選手、河野プロとのレッスン&ランデブーや写真/動画撮影も交えて、腿筋パンパンになるまで楽しめました(^^♪
160415-17_8

そして夜はイッキ乗り参加者&関係者でのパーティーが開催!
プリンスホテル支配人のナイスな司会進行、柏木デモによる参加者滑走動画のワンポイント解説とQ&A、そして豪華景品が当たる大ビンゴ大会がありました。
自分はVOLKLのTシャツをゲット!そこにVOLKL繋がりという事で、柏木デモと河野プロのサインを頂きました(V)o¥o(V)
160415-17_9

翌日は本ツアー限定のファーストトラックに参加。
ロープウェー3本分ほどゲレンデを独占することができ、高速大回りに良さそうな板をとっかえひっかえしながら、クルージングを楽しみました。
天候は生憎の雨模様でしたが、そのおかげでかえって滑走性が良く、ビュンビュンと板が走って気持ち良かったです。
160415-17_10

そんなこんなであっという間の二泊三日、非常に楽しい時間を過ごすことができました。
この企画を開催してくれたSJ誌スタッフの方、協力されたプリンスホテルとANAの皆様、今回ご一緒頂いた皆様に、お礼を申し上げます。
もし来年も同様の企画があるなら、是非ともまた参加してみたいと思いました。

さて、今回試乗したスキー&インプレですが、SJ誌でのお楽しみ~という所もあるので、個人的BEST 3のみとしておきます

【BEST 1】
ARMADA INVICTUS 89 TI
試乗サイズ:179cm
160415-17_11
今回のゲレンデ状態、グサグサに荒れたシャーベット状の雪でも力強く突破できる安定感があり、安心して高速クルージングが楽しめました。
手持ちの板でいうとSALOMON Q-LABに似た感じで、多少の硬さはありますが強すぎるわけではなく、しっかりと踏むことで板の撓みを引き出せれば、多少の悪コンディションでも滑らかなターンを刻むことができます。中高速域でも板が暴れないので思いっきりスピード感を楽しみながら滑るには、最高と思いました。

【BEST 2】
extrem PT84
試乗サイズ:177cm (127-84-115 R17)
160415-17_12
個人的に注目していた北欧系メーカー。Project100も試乗できましたが、今回のコンディションではこちらの方が合っていました。
ファーストトラックでのハイスピード&ロングクルージングで使用した際に、結構なスピードをだしても安定感があり、かといってダルではないレスポンスで小回りから滑らかな大回りまで、そつなくこなせる万能機。
メタル入りでちょっと強め、なので多少筋力を有したうえでハイスピード志向の方が楽しめると思います。

【BEST 3】
VOLKL RTM81
試乗サイズ:177cm (128-81-109 R17.9)
160415-17_13
とても柔軟なフレックスを感じますが、ヤワヤワでは無くコシがある感じ。サイドカーブ的には中回り~大回りが適正なのですが、荷重動作に対して良い強さの返りがポーンとくるので、それを使ってリズムの良い小回りを刻む事ができます。
撓みを生かした滑り、それを容易に引き出せる間口の広さがとても新鮮で、本当にオールラウンドな良板と思いました。

さて、これで今シーズンの滑走はとりあえず終了~。
雪不足コンディションとはいえ、まだまだ滑れる所はありますが、来シーズンに向けての貯蓄(散財?)とトレーニング期間に入ります。
今シーズンは深雪機会が少なめでファットの出番が少なく不完全燃焼でしたが、その分、来シーズン適度に積もってくれることを期待します(´∀`)

来シーズンも良い雪に恵まれますように。
スポンサーサイト