FC2ブログ
SKIらぼ
スキーの滑走日記や道具に関する色々な情報を、大小様々?に取り扱う。。。予定(^_^;)
dps CASSIAR 95 Pure3ってどーよ?
急きょ空いたセミファット枠に滑り込んだ(こませた?)New SKIのdps "CASSIAR 95 Pure3"。
ちょうどメーカー恒例のバーゲンセール、"Dream time"の真っ最中だったこともあり、特別カラーのSEモデルを割引価格でゲットしました。
CASSIAR 95 SE_1

2年前の関温泉なのにバッチリ圧雪試乗会(笑)では試せなかったシーンとして、ニセコアンヌプリでの圧雪・パウダーと、グランヒラフでのコブ、石打丸山での圧雪といった、様々なシーンで一通り使ったので、レビューを纏めようと思います。

<評価者SPEC>
身長:176cm 、体重:67kg、普段の板:SL/セミファット/ファット/BC用まで様々
<板SPEC>
dps CASSIAR 95 Pure3 178cm (129-95-116 R18)

CASSIAR 95 SE_2
【圧雪整地】
dpsといえば思いっきり深雪パウダーご用達のイメージがありますが、このCASSIARはオンピステ、すなわち圧雪整地がメインと言っても過言ではありません。
圧雪×ロングターンではフロントから雪面を捉え、思いっきり荷重を乗せても暴れることなくスキーが走って、気持ち良く滑り抜けます。
センター幅95㎜のスキーとはとても思えないほど切り返しも容易で、ロング~ミドル、さらにショートまで自由自在に決まります。
カーボン心材でとても軽量で、それが操作の軽さにも結び付いている感じ。また、カーボン特有の跳ねる感じは良く抑え込まれていて、細かい凹凸でもそんなに神経質にならずにかっ飛ばせます。

【凸凹斜面】
ニセコグランヒラフの大きめで柔らかいコブでの使用です。
ちょっと太さを感じる所はありますが、不用意に跳ね返される感じも少なく下っていけました。
ここでも軽さが武器になり、板を操作する際の軽快感が際立ちます。
細かいピッチ&カリカリだと。。。本人の技術も相まって辛いかな?

CASSIAR 95 SE_3
【深雪】
ニセコでの足首位のパウダーで使いましたが、Wailerの様にあからさまなフロントロッカーモデルよりはターンの際に、少しトップに抵抗を感じます。なので意識的にトップを上げる感じで操作する必要はありました。
浮力自体はWailerよりは当然少ないですが、それでも気持ち良い浮遊感を味わう事はでき、サイドカントリーで深雪~圧雪を交互に滑るシーンでは両方共に十分楽しめます。

オールマウンテンモデルでは手持ちにはSALOMONの"Q-LAB"がありますが、あちらは深雪~圧雪ハイスピードロングターン寄りの性格。
CASSIAR 95はQ-LABよりは断然圧雪寄りで、ミドル~ショートターンも含めてよりターンの自由度の高さと、容易な操作性が魅力です。

dpsはLOTUSやWailer等の深雪向けファットモデルは良く見かけるようになりましたが、CASSIARは試乗会以外でまだ一度も使ってる人を見たことがありません。というか売ってるのを見たことが無い。。。
ホントに良い板ですよ?(´Д`)
スポンサーサイト



160131 石打丸山スキー場
今週末はダブルヘッダー、ホームの石打丸山スキー場へ行ってきました。

ホントは今週末、湯沢の山でバックカントリーを予定していたのですが、積雪不足との判断により中止連絡(T_T)
さらに降っても重雪っぽい予報、パウダー狙いはスパッと諦めて整地練習、スクールにも入りたい!と意気込んでました。。

ところが、昨日のブランシュでは希望クラスの先生が午前中不在。
バーンコンディションも1日滑るには精神力が持たなそうな(笑)感じで、午前券を購入していたから仕方なくまたも見送り~。

そして本日の石打丸山、今日こそスクールに入って技術の見直しだ!と思ったら。。。
160131_1

午前中はあらゆるところがヘビーホワイトワールドbyガス((+_+))
視界不良で何も見えない。。。という事は先生の滑りも見えないので意味無し!
なので、本日もスクールは結局入らず終いとなりました。
160131_2

それでも一瞬だけ晴れ間はありました。
大丸山ゲレンデと山頂ゲレンデを滑っていた時にちょうどガスが引けて待望の晴れ間。
特に山頂ゲレンデはリフト開始のGOODタイミングで晴れてくれたので、とても気持ちの良い大回りを味わえました。
160131_3

世界が再びガスに包まれた後は、暇なのでリフト乗り場&降り場に飾られてるマスコット見学の旅に。
これは中央第4リフト乗り場の所、一番左のトトロ?が耳折れてます。。。
ちなみに中央第一の降り場にも、トトロと思われる雪像が出来てます。
160131_4

これは丸山第3クワッドリフト降り場の所、アナ雪ですね。
写真はちょっとホラーちっくに見えますが、本物は結構いい出来です(^_^;)
160131_5

気合の入った手抜き(爆)
中央第二リフト乗り場左レーンの所はルパン、レルヒさん、アンパンマン、ウルトラマン、バルタン星人など群雄割拠?
オリジナリティも手間も皆無ですが、子供ウケは良さそう。
160131_6

ガスがなかなか晴れない中、それでも人が増えてきたので、滑り難いったらありゃしない。
なので滑走は2時間弱でさくっと終了~。
小腹がすいたので、中央口駐車場で営業しているクレープ屋さんに突撃。
160131_7

メニューはこんな感じ。米粉のクレープの他に、何故かトン汁も売ってます(^_^;)
160131_8

アップルフィリングとカスタードの米粉クレープをチョイス。
モチモチした触感が特徴的で美味しいです。
中身もたっぷり詰まって重量感があり、これだけで結構お腹いっぱいになりました(^O^)
160131_9

今週末は本当に天気に翻弄されました。
来週以降も結構目まぐるしい天気の様で、ホントに読めません。
次回は久しぶりにパウダー滑りたいな~(´Д`)
160130 ブランシュたかやまスキーリゾート
本日は先週に引き続き、ブランシュたかやまへ行ってきました~。
160130_1

金曜夜からの天気がなかなか読みにくく、夜間移動での高速道路通行止めに怯えながら(笑)選択したのは、白樺湖方面。
ところが中央道はいつまでたっても雪に変わらずずっと雨。それどころかスキー場についても大雨でした(^_^;)

きっと雪に変わるんだろうな~っと思って車中泊で過ごすと、朝方はやはり雪に変わっていましたが。。。
待っていたのは氷結地獄!((+_+))外のありとあらゆるものが氷でコーティング。

自分は外積みなので板はもちろん、キャリア本体もカチンコチンに氷漬け。氷が3㎜位の層になってました。
スキー場に来たのに、これでは板が降ろせない。。。そんな時は持ってて安心、解氷スプレー(゚∀゚)
缶で氷を叩き割りつつ、解氷剤浸透で見事解決です。
160130_2

金具も漏れなく氷漬け。ガンガン踏んで氷を叩き割り、作動確認しながらこれも解決~。

一番の難敵だったのはトリガーSシステムのグリップ。フックの所が凍ってさっぱり動かないので、ストラップが嵌りません。
氷の層を削り取って解氷スプレーを噴霧、それでも動かないのでしばらくストラップを嵌めずに滑って、1時間くらいしたらようやく動くようになりました(^_^;)
160130_3

スキー所のベンチも氷の層で厚めにコーティング。
暖かいコーヒーの缶を置くと、そこだけ綺麗に溶けて面白かったです。
160130_4

スキー場は夜の大雨の影響で所々に水溜りが出現、こんな感じで囲ってました。
コースは硬い層の上に軽い新雪で、朝のうちはまあまあ滑り易かったですが、10時くらいになると硬い層が削られてコロコロした塊が散乱し、ちょっと滑りにくい感じになりました。
160130_5

場内の木々も枝が氷漬けになって、まさしく樹氷。
重さに耐えかねて大分下に垂れ下がっていました。
160130_6

朝のうちはこんな感じで雲海の上に山の頂上が見えて幻想的な雰囲気。
昼前からガスがとても濃くなって滑りにくくなり、この時点で撤収~。
160130_7

出かける前は関越湯沢方面と悩んだのですが、既に高速道路のチェーン規制が群馬県内から始まっていたので、面倒と思って中央道方面に舵を切ったのがハズレでした。。。
今回の(も?)天気予報、ちょっと盛り過ぎですね(-_-;)
来季SALOMON色々。。。
個人的お気に入りのSALOMON、色々でてきました。

SALOMON ISPO2016公式イントロ
SALOMON QSTブーツ
SALOMON QST-SKI

2016-17モデルのカラーリング、レーシングは基本コンセプト踏襲でちょっとアレンジ。
X-MAXは仮面ライダー?(^_^;)
QSTはトップの肉抜きがまた大胆な感じで、カラーはシンプル。
ブーツは軽量化志向かな?
160123 ブランシュたかやまスキーリゾート
本日はこれまでの深雪生活から離れ、久々の整地・高速練習に没頭。
スキーヤーオンリー、ブランシュたかやまへ行ってきました。
160123_1

大寒波の影響で土曜夕方以降に交通網が混乱する可能性があったので、朝一からの午前中勝負。
気温は場内の計測で-9℃と、十分に冷え込んでます。
160123_2

コースは既に全面オープン。
一部まだ雪が薄い所がありますが、滑走には問題ありません。
160123_3

今回持ち出した板は、ようやく初滑りのVOLKL RACETIGER SL(14-15モデル)。
ここの所のファトスキーでの深雪三昧に慣れた体には、そのレスポンスの速さに正直びっくり(笑)
リフト3~4本目くらいからようやく慣れてきました(^_^;)
久々にかっちりしたバーンでの競技系板、そのスピード感と反力の強さが楽しいです。
160123_4

スキーヤーオンリーなので、他人の滑走ラインが読みやすくて大変滑りやすい。
練習にはもってこいのゲレンデです。
160123_5

エキスパートコースはカチカチかと思いきや、ふわふわ?のコブ。
全然ガリッとしないので怖くは無いのですが、これはこれで滑りにくい所も。。。
160123_7

パノラマコースは一見問題なさそうですが、良く見るとたまに小っちゃい石コロがあるのでちょっと注意した方が良いです。
160123_8

山頂にはスキー地蔵なるモノが登場。
安全祈願と共に、今シーズンは特に降雪祈願も必要ですね(-∧-;) ナムー
160123_9

実は滑走技術の見直しをしたくてスクールに入ろうと思ってましたが、午前中は既に満員御礼。
午後は空いてたものの、気象リスクがあって午前中のみと決めていたので、また今度です。
でも、ブランシュのスクールって代金高いんですよね。石打に行ったときに入ろうかな。
160116 かぐらBC
今シーズン初バックカントリーで、かぐらへ行ってきました。
暖冬の影響はもちろんバックカントリーエリアも例外ではありませんが、その中で奮闘しているかぐらエリア、とても軽い深雪ランが待っていました(^^♪
160116_1

朝一の山麓はちらちらと小雪が舞う天気。車にも薄っすらと積もっていました。
ガイドはやっぱりお気に入りの"JUNRINA"さんです。
160116_2

5ロマ終点からのアクセスゲート。登山届とビーコンチェックをして入山します。
やっぱり人気のエリアだけあって、沢山のBC愛好家でにぎわっています。
160116_3

積雪量はやっぱり例年より少なめ。
昨年と比べると木の出方が全然違います。。。
160116_4

それでも滑走開始位置まで登ると、膝くらいまでズボッと潜るくらいの深さがあります。
雪は非常に軽く、板がとても走る雪質でした。
160116_5

ガイドのJUNさんと一緒に滑った方たち。
今回はアクシデントがまったく無い、ストイックでハードでテクニカルなハイク&ライドでした(笑)
160116_6

道中は相変わらずの美しい景色に癒されました。。。
160116_7

登り返しが結構多く、ちょっとしんどかったです(^_^;)
160116_8

雪に埋もれる木々の実?芽?
白い雪に包まれた姿が可愛らしいです。
160116_9

樹氷もなかなかに育ってます。
160116_10

結構人が入っていたにもかかわらず、ガイドさんのおかげでノートラックの斜面を楽しませてただきました(゚∀゚)
160116_11

無事に下山。
今シーズンのBC足慣らしとしては十分過ぎるボリュームでした(笑)
160116_12

積雪状況をチェックしながら、今シーズンも何回かバックカントリーを楽しむ予定です。
次回は今月末、またもJUNRINAさんガイドのツアーに行ってきます。
もう来シーズンの準備開始?
折角の三連休ですが、暖冬によるゲレンデ状態にテンションあがらず、関東で休暇中です(^_^;)

そろそろポツポツと、来シーズンモデルの情報が出てくるころかな~っと、ネットサーフィンしていたら、やっぱりありました!

2016-17 New model(Boots色々)
2016-17 New model(SKI色々)
2017 New model(dps新モデル)

K2のPinnacleは"Pro"を名乗るモデルが出るようで。
第4バックルがついたり見た目も変わってますが、現行ユーザーとしてウラヤマシイのは軽量化(片方で300g ?!)されていること。これは物欲が大分刺激される…
K2はファットスキーで左右非対称のサイドカットを持つモデルを準備しているようで、色々意欲的。
dpsはオールマウンテン向け?の新板投入ですかね。

他に見つけたのはARMADAのプロショップ限定、軽量コンセプトのZEROシリーズ(JJ ZEROとか)、LANGEのTEC対応ブーツとか、SALOMONのQUEST(来季のメインカラーはアレか。。。)とかありました。

今後、海外での発表会情報も色々出てくるので楽しみです(^^♪
160107 ニセコアンヌプリスキー場(最終日)
いよいよ ニセコ遠征の最終日。
本日も深雪が期待できたので、Wailerで出撃しました(^^♪
160107_01

朝一のアンヌプリゴンドラ、外人さんが占拠する行列に並びます。
降雪は最強~最弱まで交互に繰り返す感じで、一瞬だけお日様が顔を出すときもありました。
まさしく山の天気という感じですが、昨日までより風は多少弱い感じでした。
160107_02

そのおかげで、昨日までクローズしていた山頂リフトが遂に稼働!
オープンバーンに少なくとも二日以上貯まったパウダースノウが待っており、自分も2本ほど美味しトコロを頂きました(゚∀゚)
160107_03

そのうち、山頂ゲートもオープン。
待ち望んだ人たちが大名行列のように、ゾロゾロとハイクアップしていきました。
160107_04

自分はハイクアップせず、一つ下のゲートを利用。
ほんの一部、風で硬い所も有りましたが、とても美味しい深雪斜面♪
ダイナミックな景色も楽しみました。
160107_05

羊蹄山は麓だけちら見。
160107_06

綺麗な△屋根のアンヌプリのピーク。
良く見ると、ゲートから滑りこむ人たちも観察できました。
160107_07

今回のニセコ遠征は、自分が北海道スキーに求めていた降雪×深雪シチュエーションにほぼ合致。思う存分パウダーランを楽しめました。
こんなのを味わってしまうと、特に今シーズンの本州に戻った後は、ちゃんとシーズン続けていけるかな?(^_^;)

160106 ニセコアンヌプリ~グラン・ヒラフスキー場
ニセコ三日目、今日は午前中はアンヌプリ、午後はグラン・ヒラフのダブルヘッダー作戦で滑りました(^^♪
160106_1

昨夜からそこそこの降雪があり、深雪コンディションが期待できたのでWailer112で出撃です。
160106_2

山頂は今日も強風で動かなかったので、昨日と同じくジャンボ第3ペア横のツリーランエリア、ここを繰り返し滑りました。
160106_3

深雪は溜まってる所でこれ位。本州の状況を考えたら、大分贅沢な環境(^_^;)
午前中はほぼ絶え間なく降り続いてくれ、思い描いていた理想のシチュエーションで大満足!
160106_4

午後からはグラン・ヒラフエリアに移動。
上部連絡リフトは結局動かなかったので、共通リフト券なら無料で乗れるシャトルバスを使います。
アンヌプリ~ヒラフ間で約40~50分位でした。
160106_5

ヒラフエリアも雪がモサモサ降ってました。
それにしても外人天国。日本語より英語/中国語が聞こえてくる頻度の方が多い、、、
160106_6

流石に深雪エリアは殆ど食われてました。
160106_7

今回、ヒラフに移動したのは日本最大級のナイターを滑りたかったから。
160106_8

ホーム石打のナイターも十分広いと思ってましたが、それの1.5倍増し!って感じです( ゚д゚ )
160106_9

ロングコースのコブ斜面、スーパーコースも滑り放題。
大きめですが柔らかい所が多く滑りやすいです。。。が、この時点で大分体力が底をつきかけてました、、、(^_^;)
160106_10

朝から滑りっぱなし、更にナイター滑走で最後は足が言う事をきかなくなる位、思いっきり滑りまくった日でした。

明日は最終日ですが、もう結構おなか一杯(笑)
なのでゆっくりと楽しもうと思います。
160105 ニセコアンヌプリスキー場(二日目)
ニセコ滞在二日目、いよいよフル滑走です。
昨晩の降雪は山麓で5cm程度、思い描いた深雪は期待できなかったので、本日もCASSIARで出撃!
160105_1

午前中は小雪~曇り~晴れが目まぐるしく入れ替わります。
風も強く、ゴンドラはひたすら運休中~。
160105_2

こんな感じで太陽が顔を覗かせる時も。
晴れ待ちのファミリーには申し訳ないですが、自分的には猛吹雪を希望(^_^;)
160105_4

その思いが通じたのか、昼前から上の方で結構な降りに。
ジャンボ第3ペアリフト沿いのツリーランコースが、結構いい感じに積もってくれました。
160105_5

時折ちょっと地吹雪気味になって、視界が悪くなることも。。。
今日一日、ずっと"PRIZM ROSE"レンズにお世話になりました。
160105_6

足首の上くらいまでの、そこそこ軽めなパウダーコンディション。
CASSIARでも問題なく遊べましたが、段々とWAILERでも滑りたくなり。。。
160105_7

急きょ板チェンジ!
これでお蔵入りのまま本州に戻らずに済みました(笑)
そんなに深くない深雪コンディションでも、やっぱり回頭性はこっちが良いですね。
160105_8

そのうち本格的な地吹雪状態に。
ちなみに気温は
ジャンボ第2ペア乗り場:-6.3℃
ジャンボ第3ペア乗り場:-8.9℃
ジャンボ第3ペア降り場:-10℃以下(計測不能)
と激寒。
フードの着いてないリフトは超不人気(笑)となり、ほとんど乗ってません。
おかげでジャンボ第3はリフト待ちゼロ状態でグルグル回せました。
160105_9

13時位からゴンドラも動き始めましたが、山頂連絡はできない状態。明日も風が強そうなので微妙です。
バス移動も面倒だし、このままアンヌプリ固定かも?それでも雪が積もってれば、まあ良いか(^^♪