FC2ブログ
SKIらぼ
スキーの滑走日記や道具に関する色々な情報を、大小様々?に取り扱う。。。予定(^_^;)
150328 15-16New modelスキー試乗会@丸沼高原
本日は試乗会の本命?、丸沼高原スキー場で開催されたICI石井スポーツ主催の試乗会に、今年も参加してきました。
去年の規模と比べたらちょっと縮小?狙っていた板、ELAN とHEADの競技系が少し期待外れのラインナップ(´・ω・`)
特にELANは今まで乗ったことの無かったトップレーシングモデルを試乗したかったのですが、セカンド止まりでちょっと残念。
150328_1

今週は前半に降雪があり一旦雪はリセットされましたが、木~金曜日にかけて晴天高温だったため、本日土曜の朝一はかなり硬めのバーン。(木曜は会社から逃亡したかった。。。。)
そしてコロコロとした雪塊も転がっていて、エッジグリップのしっかりした板でないと滑りにくい状況。
なので主に競技系 or それに準じた板中心の試乗となりました。

昼の11時くらいから程よくゆるんで滑りやすくなってきましたが、興味のある板は大体乗ったのと足が痛くなってきた為、少なめの7本で終了~。
13時頃に下山したらストップ雪の兆候が出始めていたので、ちょうど良いタイミングでした(・∀・)
150328_2

以下試乗レポです。
試乗は主に第5リフト沿いのコース2~3本で評価しました。
今回の基準My板はSTOCKLI LASER SLです。

<評価者SPEC>
身長:176cm 、体重:65kg
普段使ってる板
STOCKLI LASER SL (基礎オールラウンド用)、SALOMON EQ 2V Powerline(かっ飛びロングターン用)、ROSSIGNOL FIS WC SLスラントノーズ(かっ飛びショートターン用)、SALOMON ROCKER2 108(パウダー用)、VECTORGLIDE CORDVA S-FLEX(新雪オールラウンド)、SALOMON Q105(バックカントリー用)、 SALOMON Q-LAB(深雪-圧雪オールマウンテン用)、SALOMON Q-BC LAB(バックカントリーかっ飛び用)、Wailer 112RPC Pure SE(ディープパウダー用)

ROSSIGNOL DEMO α R21
試乗サイズ:167cm(122-68-104 R13)
150328_3
先日の苗場試乗会でSOFTに乗りましたがとても好印象だったので、そのTOPモデルにも試乗しました。
外見上の大きな違いはバインディングとプレートで、よりしっかりとしたR21レーシングプレートに新たな「ロッカーフレックス」バインディングを組み込んでいます。
滑走感はSOFTより張りとレスポンスが1段階上手に感じられ、より力強いキレのある滑りが可能です。
昨年モデルよりテールが滑らかに撓み、よりコントローラブルになったように感じました。

VOLKL RACETIGER SL WC
試乗サイズ:165cm(116.5-65.5-101)
150328_4
苗場で一番の好印象だった、RACETIGER SLのトップモデルで、ピストンコントロールプレートとUVOが組み込まれています。
WC Dよりも足元のグリップが高まり、何より安定感が段違いです。
軽快感は少なくなりますが、硬いバーンを高速でかっ飛ばしても板が安定しているため、落ち着いて回転操作に没頭できます。
元気なうちに滑る分にはとても面白いのですが、やはり思い通りのラインをちゃんと狙うには、それなりのパワーとテクニックが必要。レジャー用途ではなく競技に使ってこそ、です。

VOLKL RACETIGER SL WC D
試乗サイズ:165cm(116.5-65.5-101)
150328_5
先週に続いて試乗。硬いバーンでのフィーリングと、トップモデルとの違いを試してみました。
軽快な動きは相変わらずで、自分的にちょうど良く気持ちいいレスポンスと合わせてやはり乗り易いです。
硬めのバーンでもトップモデルほどではないですがグリップ力も良好で、小回りをメインに中/大回りまで無難にこなせるのが印象的でした。

HEAD WORLDCUP REBELS i RACE
試乗サイズ:170cm(117-68-101 R14.4)
150328_6
黒姫高原での試乗会で165cmを試しましたが、その時は小回り~大回りで際立った特徴が感じられず、170cmに乗りたいと思って今回試乗。
ところが用意されていた板固有の問題と思いますが、エッジグリップが甘くて硬い所で踏み込んでいけず、気持ち良く滑れませんでした。
緩み始めた所では中回りを基本にバランスの良さそうな素性を感じられただけに、本領を味わえなくて残念。その中でもしっとりとした滑らかな撓みは気持ち良く感じられました。

FISCHER RC4 WORLDCUP RS
試乗サイズ:175cm(115-68-97 R18)
150328_7
今シーズンのFISCHERは色調を統一してきましたね。艶消しブラック&艶有ブラックに蛍光イエローのロゴでとてもクール。一方で地味に感じる人もいると思いますが(^_^;)
大回り向けモデルで、本領発揮のロングターンは結構かっ飛ばしても十分なエッジグリップの元に安定しており、かといってエッジを外せないまま板なりに。。。なんてことも無くコントローラブル。
踏み込んで撓ませることも、スキッドへ移行させることも意図通りにコントロールできて、個人的には予想外?に良い板でした。

ATOMIC REDSTER XTi
試乗サイズ:169cm(116-72-102.5 R15.5)
150328_8
苗場で試乗したダブルデックモデルは自分にはちょっと操作感が合いませんでしたが、これはとても良かったです。
小回りから大回りまで自由自在、コントロールとエッジグリップのバランスが良くてその中でも板の返りがそこそこ速く、それを利用したキレのある動きができました。
荷重操作(大きさ、位置)に如実に反応してくれるので、個人的にはBLUESTERシリーズよりもコントロールしやすいと思います。

STOCKLI LASER SC
試乗サイズ:170cm(122-72-103 R14.9)
150328_9
今回の試乗会でSTOCKLIはとても人気が高く、大抵は貸し出されている状態が続いてました(・∀・)
普段LASER SLに乗っていますが、SCは今まで乗ったことが無かったので興味深々。
長さから中~大回りメインかな~と思っていたら、小回りがとてもやり易い。中~大回りも低速から高速までとても乗り易く、それも滑らかにしっとりと回ってくれるので、自分が上手くなったような錯覚に陥ります(笑)
これは人気が出るわけですが、値段は覚悟が必要です(^_^;)

色々と試乗を終えて自分のLASER SLに乗ったら、やっぱりこいつが一番合ってて良い板だな~♪なんて実感しました(笑)

と言いつつ、試乗会現地で仮予約すると、カスタムフェアよりキャッシュバック額が大きいよ!なんて誘惑に負けて紙に一筆書いてしまったような、、、、
まあ、キャンセル可能だし色々悶々と楽しみましょう♪、と、物欲は一足お先に15-16シーズンイン?です(゚∀゚)
スポンサーサイト



150321 15-16New modelスキー試乗会@苗場スキー場
本日は苗場スキー場で開催された"JSP ON SNOW"、日本スキー産業振興協会主催の試乗会に参加してきました。
地元新潟、六日町のショップ「クレブスポーツ」も協賛して、実に様々なブランド、且つ結構な数のスキーが用意されており、試乗し甲斐のあるイベントでした。
150321_1

今週は天候も暖かくて雨もあり結構融雪が進んだ感じですが、それでもまだ大量に雪はあります。
当日は朝からピーカン天気で暖かく、朝一はゲレンデもまあまあの固さでしたがすぐに緩んでまさに春スキー。
昼ごろにはザクザクで、ファットの方が滑り易かったかもしれません。
スキー場は朝8時から稼働してますが、試乗会は10時から。。。9時スタートならまだ良かったんですが(^_^;)
150321_2

以下試乗レポです。
試乗は第4、第5高速リフト沿いのコース3本で評価しました。
今回の基準My板はROSSIGNOL FIS WC SLスラントノーズです。

<評価者SPEC>
身長:176cm 、体重:65kg
普段使ってる板
STOCKLI LASER SL (基礎オールラウンド用)、SALOMON EQ 2V Powerline(かっ飛びロングターン用)、ROSSIGNOL FIS WC SLスラントノーズ(かっ飛びショートターン用)、SALOMON ROCKER2 108(パウダー用)、VECTORGLIDE CORDVA S-FLEX(新雪オールラウンド)、SALOMON Q105(バックカントリー用)、 SALOMON Q-LAB(深雪-圧雪オールマウンテン用)、SALOMON Q-BC LAB(バックカントリーかっ飛び用)、Wailer 112RPC Pure SE(ディープパウダー用)

ELAN AMPHIBIO 16 Ti2 FUSION
試乗サイズ:172cm(121-73-104 R15.7)
150321_3
ELAN独自のインサイドキャンバー、アウトサイドロッカーのアンフィビオ構造が、さらにコンベックス&コンケープも加えた「4D」構造に進化。滑走面を眺めてみると微妙なうねりが観察できますが、チューンナップ屋泣かせですね(^_^;)
これはTi2枚入りのパワフルなモデルで板自体も重量を感じますが、その分荒れた雪面も何のその。緩んで凸凹になった雪面も悠々と切り裂いて突進でき、安定感が非常に高いです。
そしてターンはとてもストレスフリー。余計な抵抗をほとんど感じる事が無く、ターン操作がとても易しく感じました。
なので安定感と操作性を、とても高いレベルで両立していると思います。

ELAN AMPHIBIO14 Ti FUSION
試乗サイズ:170cm(121-73-104 R15.7)
150321_4
16Ti2に対してTi1枚仕様。板のウェイトも若干軽くなり、操作性もよりしなやかに軽く感じられます。
小回りのし易さや凹凸斜面での滑り易さがさらに強調され、個人的には高速安定性の高い16Ti2が好みですが、楽に滑りたい方には良い選択肢かと。
それにしても今年はロシ、FISCHERといい、黒系カラーのスキーが多い。。。

MEGAWAVE Beta one carbon
試乗サイズ:170cm(123-74-108 R13.4)
150321_5
Swallowスキーのサブブランド。板のコアに波型のグラスファイバーを採用し、フレックスを妨げることなく強いトーションを生んでいる構造。ELANのWAVE FLEXと似たコンセプトですかね?
レンタルのイメージが強いSwallowですが、個人ユーザー向けのハイエンドモデルを出したのを知っていたのでとても興味があり、今回出展されていたので試乗してみました。
まず所感としては、普通に良い板です。
操作性が非常に良く、軽いエッジングでスッと回頭してエッジの捉えも良く、バランスの良い滑走感。
カーボン併用で軽く仕上がっており、雪面の凹凸に合わせてスキーを操作するとレスポンスも良く、思うように動いてくれました。
ロングでかっ飛ばすと凹凸で若干飛ばされますが、カーボンの割には跳ね返りは唐突ではなく、十分コントロールできる範囲です。

MEGAWAVE Alpha one titanal
試乗サイズ:170cm(123-74-108 R13.4)
150321_6
同じくMEGAWAVEのチタナール仕様。
重さは若干出てきますが、スピードレンジを上げて滑っても安定しており、操作性の良さも失われていはいません。今日のコンディションでは個人的にはこちらの方が好み。
ブランドの構築はこれからといった所でしょうが、予想外の出来の良さにSwallowを見直しました。。。が、唯一の難点はデザイン。。。O社ともども頑張ってほしいですね(^_^;)

Swallow PROFESSOR CATi
試乗サイズ:167cm(119-73-105 R15.0)
150321_7
先のMEGAWAVEにはコスメにSwallowの"ス"の字も入ってませんが、これはSwallowブランドで出ています。F社の「PROGRESSOR」と混同しそうな名称です(^_^;)
MEGAWAVEの波型グラスコアとウッドコアのハイブリッド構造だそうで、その結果として何がどうなるかは聞きそびれました(笑)
滑走感はあまり特徴的に秀でたポイントが無く、強いて言うと凹凸斜面で先落としがし易かったくらい。
ゲレンデでオールラウンドに使うのであれば、個人的にはMEGAWAVEの方が全然良いフィーリングを得られると思います。

BLASTRACK FARTHER
試乗サイズ:176cm(R17.5)
150321_8
オガサカのフリースキーブランド、「BLASTRACK」のエリキサーに並ぶ定番モデル。
14時ごろのとてもザックザクな状況で乗りましたが非常に乗り易く回頭性も良好、且つ、荒れた雪面にも負けることなく突き進む強さもありました。
日影ったアイシーな所を通過した際はエッジの捉えに弱さがありましたが、ファットスキーの範囲内。
ノーマルスキーからの乗り換えでも違和感なく乗れるどころか、その操作性とオールラウンド性の高さは気に入ると思います。
ファット板食わず嫌いな人の、ファーストトライとしても良いかもしれません。

ROSSIGNOL DEMO ALPHA SOFT TPX
試乗サイズ:172cm(122-68-104 R14.0)
150321_9
昨年モデル辺りから、自分にとっての「鬼門板」という称号が無くなりました(^_^;)
今回乗ってみたのは172cmとちょっと長めですが、逆にオールラウンドスキーとしてとてもバランスの良い乗り味でした。
小回りでの操作性とレスポンス、高速中~大回りでの安定感が非常に高いレベルでバランスしており、乗っていてとても楽。
凹凸を通過した際の跳ね返りもマイルドで、春スキーコンディションでも苦も無く思うように滑れました。
黒ベースに黄色のポイントカラーもグッドです。

SALOMON X-RACE
試乗サイズ:165cm(120-70-104 R13.0)
150321_10
ホントの競技モデルはLABシリーズがありますので、これは準競技のゲレンデメインモデル。
長さによって回転半径と性格が異なってきますが、今回は165cm×R13の小回りモデルに試乗しました。
高速での安定感は高いのですが、今日のコンディションだと動きがモッサリしていて、小回りがあまり楽しくなかったです。
直前にロシのDEMO ALPHAに乗ってその感触がとても良かったので、相対的になおさら厳しい評価となりました。

VOLKL RACETIGER SL WC D
試乗サイズ:165cm(116.5-65.5-101)
150321_11
最近好印象なVOLKL、その準競技小回りモデルです。
本日1番に試乗しましたが、すんごく欲しい!と思いました(゚∀゚)
本職の小回りでとても軽く操作でき、且つキレもある。跳ね返りも強すぎず丁度良いマイルドさで、コントロールの良さと滑りの快感が楽しめました。
さすがに中回り~大回りもかっ飛ばすとちょっと敏感な反応を見せますが、所有のスラントノーズよりも全体的にマイルドなので、すごく楽に乗ってられます。
14-15を安く買うか、これを狙うか。。。ハッ!いかん、もう物欲in 15-16が( ゚д゚ )

VOLKL PLATINUM GD SPEEDWALL
試乗サイズ:175cm(116-70-98 R17.9)
150321_12
15-16 モデルのPlatinumで乗れていなかったGDにようやく試乗。
基本は今シーズンモデルに対してコスメチェンジで、高速ロングターンでの安定感と滑らかさは変わらず。
小回りへの移行もスムーズであり、現有のSALOMON EQUIPE 2Vよりも操作性が高く、これまた物欲を刺激する。。。

ATOMIC BLUESTER SL PRO
試乗サイズ:165cm(118.5-66.5-102.5 R12.5)
150321_13
皆川賢太郎技選スペシャルモデル!ほぼSL競技スペックのスパルタンなモデルと勝手に思って、覚悟して乗りました(^_^;)
乗り味は確かにハードですが思っていたほど厳しくは無く、体力が続く限りはキレのある小回り&回頭性の良さが楽しめました。
真骨頂はもっと硬めのバーンでこそ、と思うので、今日のコンディションではその真価は正直確認しきれていないと思います。
ただ、この板は需要がどれくらいあるんでしょうかね?小回りでいうと普通の上級者はSXだろうし、競技系を楽しむのであればREDSTER SL&ヒルシャーモデルの方がカッコいいし。。。

ATOMIC REDSTER DOUBLEDECK 3.0 XT
試乗サイズ:175cm(115-65.5-98 R15.5)
150321_14
REDSTERの名がついた、スラロームとジャイアントスラロームの両方の特性を持ったモデル。
先ず第一印象として、とっても滑走性が高い!D2構造で安定してかっ飛ばせるのですが、板がどんどん加速する感じ。
ただ、板の前半分がとても長く感じてフロントから滑らかに回しこむことができず、板なりの滑りになってしいます。
残念ながら、ちょっと自分の好きなフィーリングではありませんでした。

今回の中から自分の好みのBest 3を選ぶとすると、
No.1 VOLKL RACETIGER SL WC D
No.2 ROSSIGNOL DEMO ALPHA SOFT TPX
No.3 ELAN AMPHIBIO 16 Ti2 FUSION
ですね。中でもVOLKLは自分のビョーキに対してとても危険です(゚∀゚)

さて、来週はいよいよ試乗会の大本命、ICI@丸沼高原。
残りの気になる機種を乗ってこようと思います。
150314 15-16New modelスキー試乗会@黒姫高原
15-16 NEW MODELスキー試乗会も第3弾!
黒姫高原スノーパークで開催された、スーパースポーツゼビオ主催の試乗会に参加してきました。
150314_1

先月、bc map主催バックカントリーでのリフトアクセスだけお世話になった黒姫高原ですが、今回はガッツリ滑走(^O^)
前日までの降雪のおかげで、ゲレンデもこの時期にしては大分良い状態まで回復していました。
朝のうちはピーカン快晴!しかし、11時ごろからガスが下りてきてしまい、かなりの視界不良となりました。。。(-_-;)
150314_2
以下試乗レポです。
試乗は第一クワッドと第二ペアを1本づつ、ガスが酷くなってからは第一クワッド2本で評価しました。
今回の基準My板はSALOMON EQ 2V Powerlineです。

<評価者SPEC>
身長:176cm 、体重:65kg
普段使ってる板
STOCKLI LASER SL (基礎オールラウンド用)、SALOMON EQ 2V Powerline(かっ飛びロングターン用)、ROSSIGNOL FIS WC SLスラントノーズ(かっ飛びショートターン用)、SALOMON ROCKER2 108(パウダー用)、VECTORGLIDE CORDVA S-FLEX(新雪オールラウンド)、SALOMON Q105(バックカントリー用)、 SALOMON Q-LAB(深雪-圧雪オールマウンテン用)、SALOMON Q-BC LAB(バックカントリーかっ飛び用)、Wailer 112RPC Pure SE(ディープパウダー用)

SALOMON X-MAX
試乗サイズ:170cm(120-73-101 R15.0)
150314_3
履く前に持った時からとても軽い!履いてもやっぱり軽い!滑っても物凄く軽い!っと、板自体の軽さが非常に特徴的。
軽い板は荒れた雪面やスピードに弱そうですが、結構カービングもこなしてくれるし、スキッド操作は特にお手の物で楽々振り回せます。
雪面への絶対的なエッジグリップや高速での安定感は、通常の競技・基礎上級モデルにはかないませんが、軽量級にしては今までにない強さを持ってるかと。
ただ、カラーリングが。。。黄色無い方が良いんじゃない?(^_^;)

FISCHER PROGRESSOR F17
試乗サイズ:167cm(120-73-103 R14-17)
150314_4
サイドウォールがラウンドして台形に近いフォルムを持ち、軽量化とパワー伝達の両立を図ったモデルとのこと。
軽さ自体はSALOMON X-MAX並みとはいきませんが、確かにそこそこの軽さ。
滑りは軽快感があり、ショートターンを基本に回頭性はとても良いですが、フロント側は接地感がちょっと希薄な感じでサクッと回って、テールが最後に結構ガッツリグリップ。そのターンの中でのグリップ感の変化がちょっと唐突に感じました。
スピードを出した際の安定感も、自分のフィーリングと好みではX-MAXの方があるように思いました。

ARMADA JJ 2.0
試乗サイズ:175cm(13--137-116-133-126 R16.0)
150314_5
コスメが渋い戦艦からサイバー狐?狼?のキャラクターに変わりました(^_^;)
昨シーズンの試乗会は深雪が無かったので本領は判りませんでしたが、今回は湿雪ですがありましたので突っ込んで来ました。ライン入りまくりの重雪でしたが浮力があり、その中でノーズを軽快に回してターンする事ができ、本チャンパウダーならもっと楽しいかと。
圧雪ではロングターンはできますが楽しくないです。それよりも、自然とクルクルと回って遊びたくなります。それがこの板の正しい使い方?

HEAD WORLDCUP REBELS i RACE
試乗サイズ:165cm(116-68-100 R13.5)
150314_6
HEADレース板の系統ですが、純競技というよりはその特性を色濃く残したゲレンデ一般向けという印象。
雪面にしっとりと貼りつき、速度を高めても安定感はありますが、同じHEADのSPEEDやSLほどのグリップ感や反応の速さは無く、本当に足して2で割った感じ。
今回の試乗サイズではちょっと中途半端な感じで、ここが良い!という個性は感じられませんでしたが、もう少し長い170cmを乗って小回りとのバランスを見てみたいですね。

HEAD RAW INSTINCT Ti PRO
試乗サイズ:163cm(123-77-109 R13.4)
150314_7
HEADラインナップの新シリーズ、"INSTINCT"。
グラフィンという素材を内部コアの補強材にする事で、板自体を薄くし軽量化を果たしているとのこと。
来シーズンは各社からこぞって軽量化をうたったモデルが出ますね(^_^;)
これは今回乗ったINSTINCTシリーズの中で、中間の幅のモデル。
滑り出すと軽さを感じますが、エッジグリップがとてもコントローラブルで、カービングからスキッドまで自由自在でした。
振り幅をとった小回りも落差を稼がずともやり易く、低中速においてはとても楽に、かつ思い通りに滑れます。
荒れた雪面にスピードを出して突っ込むと、やはり弾かれやすい感じはありますが、一般レジャーで使う分にはこの操作性の良さは重宝されると思います。

HEAD SUPREME INSTINCT Ti
試乗サイズ:163cm(126-73-109 R11.9)
150314_8
同じくINSTINCTでも"PRO"が外れて、より易しい操作性を持ったモデル。
構造を比較すると、外観上はPROがサイドウォールが前後端までちゃんと伸びているのに対し、こちらは接雪点辺りでとトップシートからのキャップに切り替わってます。
滑走してみると、小回りでの軽快感が高まって操作がとても楽。
柔らかい雪質の所ではカービングからスキッドまでコントローラブルですが、グリップの絶対値は弱く、特に硬めのバーンではちょっと速度が速いとトップがバタつき気味になることもあり、どうしてもスキッド主体での滑りになります。

HEAD POWER INSTINCT Ti PRO
試乗サイズ:170cm(124-82-109 R16.5)
150314_9
同じくINSTINCTシリーズの"PRO"の太い方。
滑走感は本日乗った3本の中で一番好みでした。
ロングターンにて板全長に渡るグリップの強さがあり、安定感が抜群なので安心して踏み込んでいけます。
カービングからスキッドへの移行も容易に行え、センター幅82ですが、小回りもそんなにダルではありません。
高速域での雪面凹凸に対しては軽量スキーの宿命で飛ばされ感があり、注意して圧をかけ続ける必要がありますが、レジャー向けには本当に良い板。

NORDICA DOBERMANN GSR EVO EDT
試乗サイズ:182cm(115-71-100 R19.5)
150314_10
スペックからして大回り専用の雰囲気がムンムン。
そして滑ってみたら、やはり本日の大回り気持ち良さNo.1(゚∀゚)
エッジグリップが非常に高く、どんなにスピードを出しても安定感抜群でかっ飛べました。
その代りエッジが容易に外せません。なので小回りはあきらめました(笑)

NORDICA DOBERMANN SLR EVO
試乗サイズ:165cm(121-70-106 R12.5)
150314_11
返りの速さと強さ、ともに競技系に近いフィーリングを持った小回り向けモデル。
良い位置に乗り続ける限りは小回りマシンらしいキレが楽しめるのですが、自分の技術レベルでは荷重位置がシビアに感じ、少しでもテール側に乗ると途端にコントロールが難しくなります。


ATOMIC BLUESTER DOUBLEDECK3.0 SX
試乗サイズ:165cm(125.5-69-111 R11)
150314_12
14-15モデルからは若干の細部変更を実施。
その中でトゥプレートを3㎜上げて前後の高低差を少なくしたことで、より踵荷重を引き出しやすいポジションに変更した模様。
滑ってみると、ハイスピードでの安定感と小回りでの操作性を高い次元で両立させている点は相変わらずでお見事。
ただ、フロントの入りは非常にいいのですが接地感が14-15より希薄に感じて、フロントへの雪面抵抗をあまり伴わずにスーッと回ってしまう感じが、あまり自分の好みでは無いです。
それ以上にカラーリングが残念過ぎ。。。。(-_-;)

ATOMIC BLUESTER DOUBLEDECK3.0 LX
試乗サイズ:166cm(113.5-71-99 R15.9)
150314_13
ロングターン主体のモデルですが、試乗サイズは166cmと短いモノしか無かったので小回りまで違和感なくこなせました。
このサイズでも高速ロングの安定感はバッチリあり、さすがのD2構造。
自分の体格的にはもうワンサイズ長い方がこの板本来の性能を味わえると思うので、別の機会で是非試したい。14-15モデルで感じた、何処踏んでも反応が一定な感じ、というのも変わっているのかな?
カラーリングはSXより全然良いです(笑)

ATOMIC BLUESTER DOUBLEDECK3.0 LC
試乗サイズ:166cm(113.5-71-99 R15.9)
150314_14
LXと同じロング主体で、さらに操作性に振ったモデル。
ハイスピードでの安定感はLXより1ランク劣りますが、その代りターンの操作性は確実に楽になっています。
本日の雪面コンディション、露出した固いバーンの上に削られた新雪塊がゴロゴロしている中でも、とても落ち着いた挙動で安心してターン操作ができました。


雑誌でも大々的に15-16モデルが特集されて、各社からどんな板が出てくるか全貌が見えてきました。
試乗会はもう1、2回予定しているので、あらかじめ乗りたい板をリストアップして備えておこうと思います。
150228-0301 白馬乗鞍温泉スキー場&裏コルBC
この週末、土日と白馬乗鞍温泉スキー場へ行ってきました。
とうとう春の気配が強く感じられるような陽気が続くようになり、この週も水曜日までかなり気温が高い状態に。
積雪にも大分ダメージがありましたが、金曜日に日中から夜にかけて結構新雪が降ってくれたおかげで、土曜日の朝は結構良い状態にまで回復してくれました♪
150228-0301_1

スカイビューゲレンデも朝のうちは結構いい感じの深雪コンディション。
前日まであまり期待はしていなかっただけに、思いがけないプレゼントを楽しみました(^^♪
150228-0301_2

この日は日差しはかなりキツイものがありましたが、多少雲も出てくれたおかげで緩和される時もあり。
景色はそこそこ綺麗に見渡せました。
150228-0301_3

この日は午後から、宿のオーナーによるガイドで裏コルBCへ。
隣の白馬コルチナからリフト2本でアクセスします。
150228-0301_4

この時間は雲もほとんど取れ、白馬の山並みがスッキリと見渡せました。
150228-0301_5

裏コルツリーラン。
木々も適度に間隔があり、深雪もまだ柔らかい状態で保たれていてとても滑り易かったです。
ただ、途中でけがをした人が救助を待っており、BCのリスクも再確認しました(´・ω・`)
150228-0301_6

深雪を楽しみつつ沢を下っていきます。
途中、雪質も段々とクラストするようになり、所々でガリッとする下地も出てきましたが、ルート全般的には柔らかくて滑りやすい状態の所が多かったです。
150228-0301_7

結構近距離でカモシカ君も登場。
新芽を食べるのに夢中で、こちらに気がついても逃げるそぶりさえ見せません(^_^;)
こういった野生の生物との遭遇もBCの楽しみ。
150228-0301_8

日曜日も乗鞍温泉スキー場でスキーを楽しみましたが、この日はあいにくの湿雪で、昼ごろには雨に変わってきたので直ぐに撤収。
3月になり、自分の今シーズンも残り短くなってきました。
後何回良い雪で遊べるか。今シーズンの冬将軍様はどれだけ残業してくれるかな?(^O^)